ファンコミュニティ「FiNANCiE」がサッカーの長友選手などから2.4億円を調達

SHARE:

FiNANCiE

ファンコミュニティサービス「FiNANCiE」を運営するフィナンシェは4月30日第三者割当増資の実施を公表した。ラウンドに参加したのはD4V、B Dash Ventures、gumi Cryptos Capital、新生企業投資、個人投資家としてプロサッカー選手の長友佑都氏、メルカリ共同創業者の石塚亮氏、アル創業者の古川健介氏となっている。調達した資金は2億4000万円で累計の調達額は5億4000万円となる。

「FiNANCiE」はアーティストや俳優、アスリートなど夢を達成したい人やグループがオーナーとなり、FiNANCiE上で発行するトークンを販売することで資金集めができるサービス。また、販売したトークンをコミュニティ活動に利用することでファンとの関係を築くことができる。将来コミュニティの成長に伴ってトークンの価値が上がる可能性もあり、ファンにとっても活動を支援することで自分自身のメリットに繋がり、新しい応援の形を体験することができるという。

via PR TIMES