金融リテラシー向上サービス「ABCash」運営、シリーズBラウンドで4億円を調達——人材開発コンサルのセルムと提携、B向け事業も開始

SHARE:
Image credit: ABCash Technologies

ミレニアル向けの金融トレーニングサービス「ABCash」を提供する ABCash Technologies (エービーキャッシュテクノロジーズ)は22日、シリーズ B ラウンドで4億円を調達したことを明らかにした。このラウンドでは日本郵政キャピタルがリードインベスターを務め、SV-FINTECH Fund、SMBC ベンチャーキャピタル、リード・キャピタル・マネージメント、iSGS インベストメントワークス、みずほキャピタルが参加した。

これは同社にとって、2019年6月に実施したシリーズ A ラウンド(約2.5億円を調達)、7月のシリーズ A のエクステンションラウンド(約1.2億円を調達)に続くものだ。創業以来の累積調達金額は約8億円。今回出資した投資家のうち、SV-FINTECH、SMBC ベンチャーキャピタル、みずほキャピタル、iSGS インベストメントワークスの4社は、シリーズ A に続くフォローオンでの出資となる。

ABCash Technologies は、サイバーエージェント出身の児玉隆洋氏らにより2018年創業。貯蓄・住宅・保険・投資などを中心とした資産管理のパーソナルトレーニングサービスを提供している。アメリカの The Financial Gym をベンチマークし、ミレニアルを対象にしており、ユーザには女性が多いのが特徴。ユーザは渋谷、銀座、表参道、丸の内、新宿、池袋の首都圏6店舗またはオフラインで、カスタムメイドされた、金融商品の斡旋などの無い中立的な教育サービスが3ヶ月間提供される。

新たに調達した資金の使途として、ABCash Technologies ではオンライン学習プログラムの開発を強化するとしている。

また、ABCash Technologies は人材開発コンサルティングのセルムと提携、企業向けサービス「Financial Care」を開始することも明らかにした。セルムは大企業の人事部を多く顧客に抱え、経営人材育成サービスを提供している。ABCash がコンテンツ・サービス開発をリードし、セルムが大企業の実態や課題に応じた展開をリードする形で、企業向けに従業員向けのファイナンシャルリテラシー向上を支援する。

Financial Care には、年金・資産形成・家計管理・保険・住宅のカテゴリで100本以上の動画学習コンテンツが準備され、専用アプリで通勤中などに知識習得できるのが特徴。また、ABCash Technologies のファイナンシャルコンサルタントによる 1on1 のオンラインカウンセリングも提供される。