集客・予約システムの「Coubic(クービック)」、オンラインレッスンの需要増に対応しZoom連携を開始

SHARE:

集客・予約システムの「Coubic(クービック)」を運営するクービックは、オンラインレッスンの需要増に対応し Zoom 連携を開始した。Zoom と API 連携可能なアプリ一覧「App Marketplace」上に Coubic が公開されており、Zoom の機能拡張で Coubic の利用が可能になる。

これまで Coubic の事業者が Zoom を使ってオンラインレッスンを提供する場合、双方の画面を往来し設定を行う必要があった。今回の連携により、事業者は Coubic 上の管理画面から Zoom のミーティングの作成ができ、予約者に自動で Zoom のミーティング ID を知らせることができるようになる。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、フィットネスやヨガのオンラインレッスンの需要が急増。Coubic でも従来からの対面型レッスン提供事業者のオンライン化に加え、オンラインレッスン事業者の新規参入により、提供数(=レッスン数)は今年2月から5月にかけ4倍以上に拡大した(実数は非開示)。今回、事業者の利便性を高めるため、Zoom 連携を図ることとなった。

Image credit: Coubic

Coubic は2014年4月にサービスをローンチ。180を超える業種にフリーミアムで集客や予約サービスを提供している。ネット予約決済、月謝集金、顧客管理などを一気通貫して提供できるのが特徴で、現在の事業者数は8万社以上(個人事業者を含む)。また、サービスを受ける消費者側の月間訪問者数は250万人以上となっている。新型コロナ対策での入店人数制限や感染発覚時の事後追跡のため、最近では顧客来店前に事前予約を取る事業者のニーズも取り込み始めた。

クービックは、2017年5月にグロービス・キャピタル・パートナーズ(以下、GCP と略す)と DCM から3億円、2015年4月に3.1億円、2014年4月に DCM と GREE Ventures から5,000万円を調達している。クービックにとっての外部調達金額の合計は、公表されているものだけで6.6億円となる。

2015年4月には、美容院、まつエク、ネイルなどのサロンの当日・直前予約アプリ「Popcorn」をローンチしていたが、サービスの伸び悩みなどから5年を経た先月シャットダウンした。この際、同社では Popcorn として蓄積された店舗情報、予約在庫のデータ、口コミ情報などを Coubic に移管し、今後、経営資源を Coubic の開発に注ぐとしていた。

----------[AD]----------