事前注文型のカフェロボット「root C」開発が1.7億円を調達

SHARE:

AIカフェロボット「root C」を開発するNew Innovationsは6月24日、既存株主のDEEPCOREとTHE SEEDからの追加調達と、新規株主として事業会社と個人投資家を引受先とした第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は1億7000万円で、新たに株主となった事業会社や個人の氏名は公開されていない。今回調達した資金で、「root C」のサブスクリプションモデルの実装などを行うとしている。

同社は、コーヒー需要を事前に予測して抽出を開始するAIカフェロボット「root C」を開発している。ユーザーがアプリを使って事前注文するスタイルで、ベンディングマシーンに到着したところで待ち時間なく、コーヒーを受け取ることができる。

今年3月には、三菱地所と協力して新東京ビルにて約10日間の実証実験を行っている。ユーザーからのアンケート調査では、約半数のユーザーが2回以上利用したという結果を得ている。同社は、実証実験のユーザーからのフィードバックを受け、スマートフォンアプリのUI/UXの一新やレコメンデーションエンジンの強化、サブスクリプションモデルの実装を含め、注文からコーヒーの受け取りまでのスマートな体験を目指すとしている。

via PR TIMES

----------[AD]----------