AI作曲サービス「SOUNDRAW」がKVPなどからシード資金獲得

SHARE:

Screen Shot 2020-06-22 at 11.15.09 AM

動画クリエイター向けAI作曲クラウドサービス「SOUNDRAW」は6月17日、シードラウンドでKVP、ディープコア、個人投資家の砂川大氏、福田淳氏、山下修平氏、金當一臣氏、他氏名非公開の数人より6,500万円の資金調達を実施したと発表している。

SOUNDRAWは誰でも楽曲を作ることができるAI作曲クラウドサービス。既存のストック素材サービスと異なり、ユーザー自身がフレキシブルに楽曲をカスタマイズできる。直感的なユーザーインターフェイスで動画クリエイターのクリエイティビティをより加速させるツールとなる。

現在は限定的な楽曲ジャンル数だが、AIによってフレーズ数を増幅させ、継続的に楽曲ジャンルを追加していくとのこと。オフィシャルローンチは今年の10月頃を予定している。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録