ドローンによる業務自動化のセンシンロボティクス、約22億円を調達

SHARE:
sensyn-robotics.png
センシンロボティクス・ウェブサイト

ドローンをはじめとするロボティクス技術のソリューションを提供するセンシンロボティクスは6月30日、22億円の資金調達完了を公表している。

増資と融資によるもので、第三者割当増資を引き受けたのはENEOSイノベーションパートナーズ、コムチュア、大豊産業、カシワバラ・コーポレーション、フューチャーベンチャーキャピタルと、既存株主のグロービス・キャピタル・パートナーズ、Eight Roads Ventures Japan、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、DRONE FUND。

融資に応じたのは三菱UFJ銀行、みずほ銀行、りそな銀行、日本政策金融公庫、三井住友信託銀行の各行。出資・融資比率や株価などの詳細は開示していない。同社は、これまでに約14億円の資金調達を実施している。資金は事業拡大のためのサービス開発投資・人員増強に充てられる。

同社が提供するのは、ドローンによる業務自動化を実現させる総合プラットフォーム「SENSYN FLIGHT CORE」や完全自動運用型ドローンシステム「SENSYN DRONE HUB」、ドローンで撮影している映像を、遠隔かつ複数の拠点でリアルタイムに共有し、コミュニケーションを取ることができるシステム「SENSYN DC」など。

プロジェクト実績で得られたノウハウを活用し、シナリオ策定から実証実験、実業務への定着化まで一気通貫で支援し、老朽化した産業インフラや社会インフラの点検、少子高齢化による労働人口の減少、激甚化する災害対策といった社会課題の解決を目指す。

via PR TIMES

----------[AD]----------