Bytedance(字節跳動)、香港で金融ライセンスを申請

SHARE:
上海の Bytedance(字節跳動)ビル受付で働くスタッフ
Image credit: TechNode/Emma Lee

テック界の争いが激化する中、Bytedance(字節跳動)は香港の現地法人を通じて、香港で5つの金融ライセンスを申請した。

重要視すべき理由:ライセンスが承認されれば、Bytedance は香港で証券や先物の販売、外貨取引、アドバイザリーや資産管理サービスの提供が可能になる。

  • Bytedance は、現地法人を通じて香港のオンライン証券会社や金融アドバイザリー市場で、先行する Alibaba(阿里巴巴)や Tencent(騰訊)と競合することになる。
  • しかし、トランプ大統領の大統領令により、アメリカ企業と同社の取引を禁止されていることから、Bytedance の金融サービス市場への進出の野望が妨げられる可能性がある。

詳細情報:Bytedance は香港の有利な金融サービス市場への進出を目指し、2019年12月に子会社の Squirrel Securities(松鼠証券)を香港の証券当局に登録した。

  • 中国メディアによると、Squirrel Securities が申請したライセンスは第1類、第4類、第5類、第6類、第9類。
  • 10日のロイターの報道によると、同社は商標登録申請を完了、株式仲介のライセンスを取得済。
  • 状況に詳しい人物を引用したロイターの報道によると、Squirrel Securities の正社員は現在1人のみ。

背景:「Tiktok」とその中国版として知られる「Douyin(抖音)」の大成功の後、Bytedance は、エドテックゲーム仕事の協働作業などテック界の異なるバーティカルに参入することで成長を追求してきた。

【via TechNode】 @technodechina

【原文】