スキル可視化ポートフォリオ「LAPRAS」が人材紹介事業拡大、Crowd Agentと連携で

SHARE:

Capture

エンジニアを中心としたスキル可視化ポートフォリオサービス「LAPRAS」は8月18日、求人プラットフォーム「Crowd Agent(クラウドエージェント)」を提供するgroovesと提携し、I Tエンジニア人材紹介サービスの提供開始を伝えている。

LAPRASが提供する求人情報マッチングサービス「Matching Intelligence(マッチングインテリジェンス)」とCrowd Agentを連携させた取り組みで、LAPRASにポートフォリオ情報があるITエンジニアは、自身のスキル情報などを元にCrowd Agentが提供する求人情報から最適な仕事の提案を受けることができる。

LAPRASはウェブ上にある情報を元にエンジニアのスキルを自動的に可視化するため、最適な求人情報が見つかった場合、それらを紹介するためには情報を提供する求人情報提供企業に対し、紹介あっせんなどの調整をする必要があった。一方のCrowd Agentは求人企業が仕事の情報を登録することで、全国の人材会社から候補者紹介を受けることのできるサービス。常時3,000件ほどの求人情報が掲載されており、今回の提携で紹介時に発生する課題を解決した形。Crowd Agent側は今回の提携で、求人情報に対して紹介可能なITエンジニア情報を豊富に集めることが可能となった。

via PR TIMES