VRカバーが付いたNrealのARグラス「Nreal Light」、8月21日に韓国で公開へ

SHARE:

CESでのデビューから1年半。Nreal Light ARグラスがついに消費者の手元に届きそうだ。ただし韓国にいる幸運な人なら、だが。韓国のテック大手であるLGとSamsungが提携し、Light ARグラスは8月21日からハイエンドのスマートフォン2機種にバンドルされる。ハード面はこれまで以上に機能追加され、アプリの互換性も大幅にアップした。

Light ARグラスは重さ88グラムで、折りたたみ式のサングラスのような外見をしている。視野角52度、解像度1,920×1,080pxの立体視ディスプレイだ。内蔵カメラでユーザのハンドジェスチャー目の動きをトラッキングする。Qualcomm Snapdragon 845以降のプロセッサを持つスマートフォンからUSB-Cテザリングで動作する。このグラスは拡張現実向けにデザインされているが、付属のVRカバーを付ければ没入型VRアプリにも使用することができる。

Lightは、5GプランのSamsung Galaxy Note20またはLG Velvetと同時購入すると割引価格となる。このARグラスは通常69万9,000韓国ウォン(586米ドル)だが、バンドル購入での価格は34万9,000韓国ウォン(295米ドル)となる。予約は8月11日開始で、10日後に韓国の120カ所のLG UplusショップとSamsung系列のS Zoneショップで購入できる。

発売の時点では、LightはTikTok、Facebook、Instagram、Chrome、Kakao Talk、LG UplusのU+ARおよびU+VRアプリといった「数多くの主要アプリ」と互換性がある状態だ。「発売後に」Spatial(ホログラムを使った会議アプリ)やNreal Tower(ゲームアプリ)、TVアプリ、Nreal Studio(サードパーティによるベータ版アプリコレクション)などが追加される。

新しいインターフェイス「Nebula」
Image Credit: Nreal

この他にもLightキットには近視ユーザ向けの矯正レンズフレームや4つの磁気ノーズパッドアタッチメントなど複数のアクセサリが含まれている。Lightはスマートフォンのバッテリーで動作するため、電池寿命はデバイスごとに異なるが、Nrealによると2時間連続して動作するという。

新型コロナが大流行する前、NrealはLightのコンシューマーバージョンを「2020年初頭」にリリースする予定だと述べたが、半年ほどずれ込んだ。米国では、コンシューマー向けモデルはバンドル割引なしの499米ドル、Snapdragonやセンサーハードウェアを搭載した「オールインワン」エンタープライズモデルは1,200米ドル以上の価格で年内に販売される予定だ。また、同社は数カ月以内に韓国以外での消費者向け販売を開始したいとしている。

※本稿は提携するVentureBeat記事の抄訳です

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】