チャレンジャーバンクのRevolut、法人顧客が50万件を突破

SHARE:
Image Credit : Revolut JP

 

ピックアップ:Revolut Business celebrates 3 years – and 500K business customers

ニュースサマリー:Revolutは9月3日に50万人のビジネス顧客を獲得したことを発表した。3年以上前に開始したRevolutのビジネスサービスは、世界中であらゆる業界・規模のビジネスを支援している。Revolutのビジネスアカウントは月額課金で利用できる法人向けの口座サービス。無料利用も可能だが、月額25ユーロの有料版と比較すると機能に制限がかかる仕様だ。

無料版でも銀行送金・28種類の通貨交換・デビットカード・モバイルアプリ・他金融サービスへの接続など様々な機能にアクセスできるが、有料版になると、決済の一元化・24時間のサポート・利用又は決済における認証・資産マネジメントなどの機能も利用可能になる。

最近は、特にモバイルアプリの機能拡充や対応通貨の多様化、デビットカードなどの提供など、様々な新機能追加を進めている。

話題のポイント:Revolutは世界でも最大規模のチャレンジャーバンクです。競合には、N26やMonzoなどのスタートアップが挙げられますが、世界展開の規模でいえば、Revolutが現在はトップを走っていると言えるでしょう。

現状Revolutのビジネス口座は、ヨーロッパ及びスイスでのみ提供されていますが、米国とオーストラリア市場への進出も視野に入れています。日本では既に個人口座の開設がスタートしているので、そう遠くない未来に国内でもビジネス口座の提供を始めるかもしれません。Revolutはオープンバンキングを導入しているため、複数のフィンテック企業ないし金融企業は、独自サービスと顧客のRevolutアカウントとを連携し、Revolut上から金融サービスを提供することが可能です。

したがって、国内に参入していく過程で、国内の資産管理・投資・保険などのサービスを提供するフィンテック企業とコラボレーションを起こす未来も期待できます。同時に国内のモバイルバンクサービスとは競合関係になるかもしれません。

RevolutのCEOであり創設者であるNik Storonsky氏は法人顧客の対応強化をメッセージしています。

私たちは、企業がお金と時間を節約できるようにお手伝いできることを嬉しく思っています。当社のRevolut Businessウェブおよびモバイルアプリの新しい構造は、当社が準備しているいくつかの本当にエキサイティングな製品への道を開きます。ビジネスアカウントを次のレベルに引き上げるのが待ち遠しいです。

ここ数年、欧州からは画期的なチャレンジャーバンクが次々に登場し、世界中にそのビジネスを拡大しています。その中でも、日本に参入を決めたのはRevolutが初めてです。今後のチャレンジャーバンクの発展に注目が集まります。

参考記事:欧州フィンテックの新潮流「チャレンジャー・バンク」とオープン・バンキング規制改革「PSD2」を紐解く