Prezi新発表:Zoomでも使える、教育向けオンライン講義の新スタイルを提案(1/2)

SHARE:
Prezi Video は動画コンテンツ内でのハンドジェスチャーコントロールに対応

Preziは動画コンテンツにハンドジェスチャーコントロールを導入することで、教師・生徒それぞれにとってより魅力的なオンライン講義を実現する取り組みを強化している。パンデミックによって世界中の何千もの学校や大学が、必ずしも魅力的とはいえない結果となったオンライン学習を強要された後、同社は今回の発表を実施した。

Preziは2008年にハンガリーで創業、約10年前にAccelが主導したシリーズBラウンドの資金調達の後、VentureBeatでも取り上げた「『PowerPointによる死』からすべての人を救うことを約束する次世代プレゼンテーションプラットフォーム」として登場した。

既に1億人のユーザーを抱えるPreziは、プレゼンテーション用に用意された様々なビジュアルコンポーネントを画面内に配置して使用できる「ズーム可能なキャンバス」として最も有名だろう。同社は昨年Prezi Videoを発表。これはプレゼンターが、スライドなどのグラフィカルパーツ(グラフや写真など)を組み合わせた動画を、ニュースキャスターのようにLive配信したり、後から公開したりできるものだ。

Prezi Videoを使用すれば、教師でも誰でも動画とプレゼンテーションを一体化できる

デスクトップアプリもしくはGoogle Chromeの拡張機能として利用できるビデオクリエーターツールは、多くの人気ソーシャルコミュニケーションツールと互換性があるため、ユーザーは同ツールによる動画一体型のプレゼンテーションをZoom、Microsoft Teams、Webex、Google Meet、YouTube、Slack、Facebookなど利用できる。

Preziはほかにも最近発表された「ビデオインビデオ」機能を含むオプション機能をさらに追加した。「ビデオインビデオ」機能を使えば、プレゼンターが話している横に事前に録画したビデオを埋め込める。 例えば毛虫がどのように蝶に変わるかをビデオインビデオ機能を使って見せることは、生物教師のオンライン授業をより魅力的なものにする手助けとなる。(次につづく)

ビデオインビデオ機能のデモを行なうPrezi CEOのJim Szafranski

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】