女性ストリーマーAnne Munitionさんに聞く:ゲームの世界でダイバーシティが重要である理由(1/7)

SHARE:
Anne Munition has 628,000 followers on Twitch.Image Credit: Twitch

時代の寵児、それがAnne Munition(アン・ムニッション)さんだ。彼女は6年半ほど前からTwitchでストリーミングを開始している。その間、彼女はTwitchで約62万9000人のフォロワーを獲得し、Red Bullがスポンサーにもなっている。

Munitionさんはストリーマーやゲーマーの中では夢の人だ。レジャー・エコノミーの一員であり、彼女はいつの日かゲームをでお金を稼げる日がやってきてくれることを示してくれた。

Anneさんの好きなゲームはRainbow SixやEscape from Tarkovのような一人称視点(FPS)のシューティングゲームだが、何でも試したいと考えている。彼女はTwitchで最も人気のあるプレイヤーではない。しかし、常にオンラインであることを気にしないでいられる生活を自ら切り開いてきた。

Munitionさんはまた多様性の問題についても発言していて、より多くの(より多くのフォロワーを持つ人を含む)仲間たちが同じような行動を示してくれることを願っている。彼女は頻繁にチャリティーイベントを開催し、メンタルヘルスに対する意識についても率直に語っている。

Munitionは先日、Chicago Ideasのゲーム業界に関するパネルに登場したので、その直前に彼女に話を聞いた。下記はインタビューの書き起こしになる。

Image Credit: Anne Munition/Redbull

GamesBeat: すでに長いキャリアをお持ちですね。何年くらいやっておられるんですか?

Anne Munition:ストリーミングを始めたのは6年半前からです。でも、プロのeスポーツ・プレイヤーという意味では、競技的にプレイしているわけではなくてただのストリーマーです。ストリーミングしている人は当時はもっと少なかったですね。FPSゲームはたくさんプレイしていますがもっとうまくなりたいです。

ストリーミングを始めた当初は、実はマインクラフトをフルタイムでプレイしていました。その時点ではスキルというよりはエンターテイメントを追い求める面が強かったかな。マインクラフトは素早い反応よりも創造性を重視するじゃないですか。当時はストリーミングをやっている人が本当に少なくて、開始当初はかなり夢中になっていました。私はもともと真面目なタイプなのでかなりの時間を使ってましたね。それにこだわってました。

ちなみにいつもその質問に答えるの変な感じがするんですよね。『すごい楽しんでます!』とか言うのはちょっと気が引ける。自画自賛したいわけじゃないし、ただ、それもまたストリーマーとしては重要な側面であることも確かだし。

GamesBeat: 早い時期に始めたことが、これだけのオーディエンスを集めることにつながったと思いますか?

Anne Munition:わからないです。ここ数年でスターダムに急上昇したストリーマーの中にはもっと最近に始めた人もたくさんいますよ。ただ、ストリーミング全般が飽和状態にあるとはいえ、今の時点で成功するのは不可能ですね。TwitchはGlitchConのイベントを開催したばかりで、今年だけで8,500人の新しいパートナーがやってきてました。しかもパートナーだけじゃありません。なんだかんだ約50万人の関係者もいるんです。多くの人がストリーミングでなんかやろうとしていて、飽和状態。今始めるのは難しいんじゃないかな。

GamesBeat: はじめた頃よりも競争は激しい?それとも持続的なポジショニングはできてる?

Anne Munition:ストリーミングには浮き沈みがあるんです。成功している期間には視聴者数が増加し、その後、視聴者数の減少が同じようにやってくる。浮き沈みするんです。同じ数字を維持するのは難しいし、Twitchのトレンドは常に変化しています。『Fall Guys』が大ヒットしたかと思ったら次は『Inoming Us』が大ヒットしました。物事は常に進化し、変化し続けるんです。

GamesBeat: ゲームを切り替えることはよくありますか?

Anne Munition:バラエティゲームをやっている人ほどゲームを切り替えることは少ないと思いますよ。というのも、さっきの話のような一人称視点のシューティングゲームにハマってしまうんですよ。上手くなりたければコミットしないといけないし、週に一度プレイして上達するものではありません。例えば『Rainbow Six: Siege and Escape from Tarkov』みたいなのは何カ月も続けてプレイします。もちろん、たまには違うゲームにも挑戦していますね。『Assassin’s Creed: Valhalla』とか、シングルプレイヤーのストーリーゲームも楽しんでいます。ただ他の人に比べれば、あまり飛び回らないかもしれないです。

特にSiegeは何年もプレイしていて、今でもたまにプレイしていますがちょっと燃え尽きつつあります。今はTarkovにハマっててかなり毎日プレイしていますが、いつかはまたこのゲームに飽きてしまうでしょうし、その時はまた何か違うことに挑戦することになると思います。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録