女性ゲーマーAnne Munitionさんに聞く:60万人のオーディエンスが熱狂するもの(2/7)

SHARE:
エアホッケーをプレイするAnne Munitionさん
Image Credit: Anne Munition/Redbull

(前回からのつづき)

GamesBeat: そうなると視聴者ベースは大きく変わりますか?人々はあなたを見たいのか、それともゲームを見たいのでしょうか?

Munition: 両方です。何をプレイするかに関係なく固定したコアオーディエンスもいますし、特定のゲームをフォローしている人々もいます。たとえば、私がTarkovをプレイするのを見ている人々の中には、私が他のゲームをプレイするのを見るのは好きではなく、Tarkovをプレイするのを見るのが好きな人と、私がTarkovをプレイするのを見た上で、他のゲームをプレイするのも見続ける人がいます。実にさまざまなタイプの人々がいるのです。

GamesBeat: 今、あなたのモチベーションになっているものは何ですか?何のためにあなたは続けているのですか?

Munition: 今年はモチベーションを保つのにかなり苦労しました。新型コロナウイルスのおかげで、私だけでなく多くの人々がそうでした。個人的には、私はコンベンションや実際にファンに会う時間を楽しみました。とても励みになりました。彼らは本当に心の温かい人々です。

彼らは、コンテンツを楽しんでいることを伝えたがっています。ストリーミングをしている間は、肯定的なコメントも否定的なコメントもたくさんあるので、難しいかもしれません。私にとってTwitchConとE3は一種の充電のようなものです。「大丈夫、人々は私のコンテンツを本当に気に入ってくれている」と。モチベーションを保つことは確かに難しいかもしれません。ストリーミングはマラソンであり、短距離走ではありません。長く続けている私にとっては、特にそうだと思います。

GamesBeat: 直接会う人は、より礼儀正しい傾向がありませんか?

Munition: ええ、インターネットの匿名性をもっていませんから。ネット上で誰かに対して否定的なことを言うのは簡単です。しかし、対面で言うためにTwitchConに駆けつける人はいないでしょう。交流イベントに来て列に並んで待つ人は、ポジティブなことを言いたい人です。それがやる気を起こさせてくれます。

GamesBeat: 態度の悪い人にはどのように対処していますか?いつでも禁じることはできますが、普段どうしているのでしょう?

Munition: それは脇に置いておきます。ネガティブなことを脇へやることを学ぶ必要があります。少数派の声に耳を傾け、何十万人もの人々がコンテンツを見て楽しんでくれているという事実に焦点を当てるのです。彼らはいつも声を上げているわけではありません。思うに、レストランのレビューとよく似ています。

人々はたいてい、いい時は何も言いません。「おいしいです。望んだ通りです」とは言わないです。よくなかった時、人々は声を上げて何か悪いことを言うものなのです。ストリーミングも同じです。ストリーミングが楽しい時は他のことの影に隠れ、チャットを打つ必要性を感じません。ネガティブな人々はリアクションを起こしたくなるのです。

GamesBeat: どうやって、チャットとゲームに同時に注意を払うことができるようになったのですか?とてもバランスを取るのが難しいように思えますが。

Munition: 今では私にとって自然なことになっています。ごくたまにオフストリームでゲームをプレイした時、私はカメラ目線になっている自分に気づきます。ストリーミングしていないのに、起こったことに対するチャットのリアクションを見ようとしたりもします。私にとってはもうゲームの一部になっています。

中には、あまり頻繁すぎるチャットを期待していないチャネルもいくつかあります。視聴者が2万人くらいいると追いつくことは不可能でしょう。しかし、私と同じくらいの人数のチャネルなら、チャットで行われている会話のいくつかには少なくとも追いつけるでしょうし、そうあるべきです。これが、私が人々と人間的なつながりを築く方法です。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】