来年の東南アジアのスタートアップ界を占う、今年の新型コロナ以外のトレンドを振り返る

SHARE:
Image credit: kojinaka / 123RF

例年、我々は第3四半期と第4四半期の出来事に基づいて、次の年を常に垣間見ることができた。例えば、2019年は、より多くのスタートアップ創業者が政治やガバナンスに関わるようになると予測し(面白いプロットのひねりで終わってしまったが)、レイターステージの企業に対する監視が増えると予測していた。

今年は、新型コロナウイルスが我々の生活のほぼすべての側面に影響を与える、話題を支配している。前例のないレベルで、旅行や観光からヘルスケアまで、さまざまな産業に影響を与えている。東南アジア全体で、スタートアップも投資家も変化に適応し、新たなチャンスを掴んでいることがわかった。

しかし、話題に残るのはパンデミックだけだろうか? スタートアップのエコシステムの中で、新型コロナウイルスの影響を直接受けないものはあるのだろうか?

我々はそう信じている。今年もまた、2021年の東南アジアのスタートアップエコシステムの形成に影響を与えるであろう、2020年の主要なイベント(パンデミックとは直接関係のないもの)に基づいて、予測をしてみることにする。

我々は、エコシステムについて注目すべき4つの主要なトレンドを特定している。

上場に代わるルートとして、SPAC(特別目的買収会社)が台頭

2020年のハイライトの一つは、Bridgetown Holdings の IPO だった。Investpedia によると、Peter Thiel 氏の出資を受けたこの企業は、SPAC(特別目的買収会社)と呼ばれる、既存企業を買収するために IPO で資金を調達するために設立された、商業的事業を持たない企業である。

e27 のインタビューでは、業界関係者は、SPAC が東南アジアのテック系スタートアップが上場する上で人気のある代替手段になると予測している。他の選択肢と比較した場合の SPAC の利点は、投資家と創業者の双方にとってのスピードと流動性である。

そして、彼らは正しかった。ちょうど今月、インドネシアのユニコーンである Tokopedia と Traveloka が、SPAC での上場に興味を示した

我々の予測では、この2社以外にも、2021年には、イグジットの方法として SPAC を検討している東南アジアのユニコーンを1社以上目撃することになるだろう。Traveloka とTokopedia の人気と評判、インドネシア市場のサクセスストーリーとしてよく取り上げられていることを考えると、彼らがどのような動きをするにしても、世間の注目を集めることになるだろう。それは最終的には、他の企業がこれを良い動きだと見て、それをコピーすることにつながるだろう。

デジタルバンキングがいよいよ始まる

パンデミックの影響で、電子決済などのフィンテックサービスの導入が加速したという意見もあるかもしれない。しかし、インドネシアのような現金が多用される市場でも進歩が見られた以前から種は蒔かれており、パンデミックはデジタルバンキングがその地位を確保するための勢いを与えている。

2019年、シンガポールはデジタル銀行のライセンス発行を発表し、その結果、ライセンスを確保した企業の一部として Grab、Sea、Ant Group(螞蟻集団)が発表された。これらのサービスが稼働を開始するのは2022年初頭になるが、2021年にはこの業界からさらなるアクションが起こることが予想される。

良いニュースは、シンガポールだけではないということだ。

今月初め、インドネシアのユニコーン gojek は、フィンテック分野への進出の一環として Bank Jago への投資を発表した。このユニコーンのデジタルバンキングへの進出についての憶測は、2019年に gojek の投資家である Patrick Waluj o氏が Bank Jago の株式を購入した際に出回っていた

ロイターによると、フィリピン中央銀行は11月に、総裁の Benjamin Diokno 氏が市場の効率化と金融包摂(financial inclusion)を促進する「追加パートナー」と呼んだ、デジタル銀行の設立と認可を可能にする規則を承認した。

ディープテックを掘り下げる

フィンテックと e コマースは今後も東南アジアのスタートアップへの投資を支配していくだろうが、大学での研究開発から生まれるイノベーション、つまりディープテックへの注目度は高まっていくだろう。

シンガポールは、東南アジアの中では、ディープテック・スタートアップのエコシステムをサポートするための準備が他の市場よりも整っているように思われる。経済的な支援に加えて、政府は最近、人材誘致の一環として「Tech.Pass」を導入した。

この分野で輝くのはシンガポールだけということになるのだろうか?

他の国には追いつくべき点がたくさんあるかもしれないが、ゼロからスタートするわけではない。インドネシアでは、Nusantics のようなディープテック系スタートアップが今年シード資金を調達しており、また同国は早くも2009年には同国初のディープテックアクセラレータを立ち上げている。

コンピュータ、次に投資すべきスタートアップを教えて

資金調達は、依然としてネットワークの力に頼った活動であることに変わりはない。しかし、2021年には、テクノロジーの力を頼りに潜在的な投資を模索する投資家が増えるだろう。

このアプローチをすでに導入しているベンチャーキャピタル(VC)の1つが、Rocketship VC だ。この VC はシリコンバレーに拠点を置くにもかかわらず、データを多用することで世界各地にポートフォリオを広げることができた。

パンデミックが起こらなかったとしても、世界のつながりが強まる中で、世界の投資家が自国の市場以外にも手を広げていく必要性はすでにある。それに加えて、中国やアメリカがスタートアップのエコシステムとして成熟してくると、投資家は新興市場に新鮮な機会を求めるようになるだろう。データと人工知能の活用により、よりシームレスなプロセスが可能になるだろう。

【via e27】 @E27co

【原文】