現実世界のAWS、「伸縮自在な倉庫」Flexeが提供する空間以上のもの(2/2)

SHARE:

データと意思決定者

Flexeの顧客向け出荷ダッシュボード

(前回からのつづき)Flexeは倉庫のキャパシティにフォーカスする一方、その空間以上のものを売っている。 さまざまな注文および在庫システムをダイレクトに統合した独自の倉庫管理システム(WMS)は、時間どおりに出荷された注文の割合や注文の正確性、 労働生産性、注文単価とユニットあたりのコスト、さらには商品の到着時には倉庫へ格納されるまでの時間といったことまでパフォーマンスメトリクスで表示できる。

Siebrecht氏によるとコストと効率を最適化するためにこれらのデータを利用し、各倉庫内での一括受注処理の流れ(スタッフが作業を実行するための割当て)を変更をしたり、小売業者と倉庫オペレーターは戦略的な決定をいくつでも行うことが可能だ。Siebrecht氏は 「それ以外のデータの利用例には、ネットワーク全体の在庫バランスの再調整や、それぞれの市場での各製品ごとのパフォーマンスに基づいてネットワークにノードを追加することなどがあります」と説明している。

Flexeの一括受注処理

Flexeのプラットフォームを連携することの難しさは顧客の既存のシステムによって異なる。一日でFlexeと連携できるケースもあれば、複数のEDIマップやAPI連携が含まれる場合や、特に多くの大企業の運用で利用される傾向のあるレガシーエンタープライズリソースプランニング(ERP)システムではもう少し時間を要することもある。

とはいえ真価を発揮するのは連携後で、顧客は柔軟性のある物流ネットワークに対して新たに多大な技術リソースを消耗する必要がなくなる。

「Flexeテクノロジープラットフォームへのシステム連携が重要なため、企業がFlexeの利用を検討する際には、ほとんどの場合IT部署の上位職者が購入担当として参加しています。連携が完了すると、顧客は追加のエンジニアリング作業やITサポートなしに物流ネットワークのサイズを拡張でき、新たな物流イニシアチブの立ち上げに関連する時間とコストを大幅に削減できます」(Siebrecht氏)。

Flexeは以前に約6,400万ドルを調達し、今回7,000万ドルを銀行から調達したことで、WalmartやAce Hardwareなどの「成長するエンタープライズクラス」の顧客にサービスを提供する環境がより整ったと述べている。このシリーズCラウンドには他に、Activate Capital、Tiger Global、Madrona Ventures、Redpoint Ventures、およびPrologisVenturesが参加した。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】