教育に留学、養子縁組支援、Techstarsが選んだ10社紹介 #シアトルスタートアップ

SHARE:
Photo by Startup Stock Photos from Pexels

ピックアップ:2021 Techstars Seattle Accelerator Companies

ニュースサマリー:シードアクセラレータープログラムを運営するTechstarsは、2021年度のアクセラレーション採用スタートアップのシアトル版を25日、公開した。

話題のポイント:2020年に開催されたアクセラレータープログラムはその多くがリモートでの開催となり、スタートアップやアクセラレーター側にとっても初めての経験が多かったと聞きます。例えば、a16zのCrypto Startup Schoolは2020年が初回の開催であったにもかかわらず、リモートでの支援実施となりました。

Techstarsも同様に、昨年のほとんどのプログラムはリモートで行われたそうです。そして今回も引き続き基本的に支援はリモートで実施されるようです。ただ、プログラム側も多くの学びを昨年を通して学んだといい、例えばプログラム開始時期を少し早めてバーチャル上でスタートアップが交流できる時間を多くとるなど、リモートであることのネガティブ要素を感じさせない運営方針を取っています。

ZiplineはTechstars出身のユニコーン。ドローンで血液を運ぶ

さて、Techstarsシアトルの卒業生には既にユニコーン企業となったRemitly、OutreachやZiplineがいて、彼らはちょうど10年前となる2011年の卒業生ということになります。2021年度のメンバーも事業モデルは非常に興味深いものが多く、これから加速度的に成長するだろうなと思うスタートアップがいくつもありました。簡単にではありますが、10社の概要について調べてみました。

  • Afriblocks:アフリカ大陸のデジタル人材・フリーランスを採用することができるマーケットプレイス。「Pan-Africa」を謳っているところからも、アフリカの人間的かつ経済的な可能性を信じていることが伝わります。
  • Aplic.io:留学支援を行うプラットフォームです。留学してみたい現地の情報は、インターネットだけではリアルタイムに把握することは難しいのが実情。そうしたギャップを、Aplic.ioでは専門のアドミッションヘルパー(必要書類や合格するためのコツなど)と奨学金ヘルパーを繋ぎ合わせることでリアルタイムかつ意味のある手助けを提供しています。
  • Bild:ハードウェア企業がリアルタイムでメーカーとコラボレーションを実現できるプラットフォームを運営。デザインの細かな改善などをリアルタイムかつビジュアライズにフィードバックできるのが特徴。
  • Brite:子供を対象としたSTEM教育を実施したいコミュニティー運営者をサポートするプラットフォーム。教育コンテンツや進捗管理など全てが統合されています。PythonやUnityなどとコラボレーションし、独自学習コンテンツも生み出しています。
  • Edify:ソフトウェアエンジニアのオンボーディングを支援するプラットフォーム。繰り返し起きるオンボーディングの作業を、Slackなどへのインテグレーションでダイナミックに自動化させる機能を提供しています。
  • edith:学生向けの長期キャリアメンターシッププラットフォーム。自身が目指す企業やキャリアで実際に働いている「メンター」とISAs契約(Income Share Agreements:給料に応じてフィックスのパーセンテージを支払う仕組み)を結び長期的なサポート関係を構築することができる。
  • PairTree:養子縁組を支援するプラットフォーム。事前のバックグランド調査など、すべてをPairTreeが実施し、安全性を確立したうえで相手方とのやり取りをデジタルに実行できる。
  • Storey the App:オンラインで購入したアパレル用品を自動的にマーケットプレイスにアップロードするサービス。ファッションの持続可能性に着目しているスタートアップで、購入からリセールまでのループを作り上げることを目指しています。
  • The Folklore:アフリカ系高級デザイナーズ商品をショールーム形式でEC販売するコンセプトストアを運営。普段目にしない商品が多く、一種のD2C的な雰囲気を感じます。
  • Twelve Labs:コンテキスト認識AIを用いて動画コンテンツをセマンティック検索に対応させるプラットフォームを運営。

今回選出された10社もシードですから現状で知名度が高いわけではないですが、だからこそ潜在的な成長可能性を秘めていそうです。シアトル発のスタートアップは実は面白いエリアで実績を積み上げているところも多く、ユニークさに溢れています。