採用管理「SONAR ATS」展開のThinkingsが9.5億円調達、イグナイトアイら2社統合

SHARE:

採用管理システム「SONAR ATS」などのHR Tech事業を展開するThinkingsは1月18日、資金調達を公表している。第三者割当による増資と融資によるもので、株式投資のラウンドはシリーズA。調達した資金は9億5,000万円で、引受先となったのはインキュベイトファンド、XTech Ventures、i-nest capital、みずほキャピタルの4社。投融資の比率や各社の出資比率、払込日などの詳細は明らかにされていない。調達した資金はSONAR ATSのサービス強化および、SONAR Marketplaceの実現に向けた機能開発、及び人材採用に使われる。

Thinkingsの創業は2020年1月。採用管理システム「SONAR」を開発したインフォデックス(創業は2000年)と事業展開を手がけたイグナイトアイ(創業は2013年)が経営統合して創業した企業。代表取締役会長に瀧澤暁氏(インフォデックス創業者・代表取締役)、代表取締役社長に吉田崇氏(イグナイトアイ創業者・代表取締役)が就任している。現在完全子会社のインフォデックスとイグナイトアイはそれぞれ2月1日付けでThinkingsに合併されることになっている。

Thinkingsが展開するSONAR ATSは企業の採用管理(Applicant Tracking System:採用管理システム・ATS)としてさまざまな採用に関わるサービスで得られる情報(採用媒体、コミュニケーションツールなど)を統合し、採用に関する状況を見える化してくれるサービス。求人管理や採用管理、候補者とのメッセージなどをフローにしてくれるほか、新卒・中途の一元管理も可能にしている。導入社数はこれまでに大手含めて800社となっており、2024年7月までに2,000社への導入、2022年7月までに100のHRサービスAPI連携を目指す。

また、同社は企業のHRサービス購買プロセスを最適化する「SONAR Marketplace」の開発も進める。SONAR ATSにてAPI連携を進める各種HRサービスの情報を集約し、将来的に単体でのサービス購入や企業の採用課題に合わせたパッケージ提案などを目指す。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録