教育向けARコンテンツ開発「AR Market」【BRIDGE Tokyo】

SHARE:
Image Credit:AR Market

本稿は「BRIDGE Tokyo」に参加する出展者を紹介する記事。BRDGE Tokyoは国内外のスタートアップ、テクノロジーを集めたオンライン・トレードショーで、2021年夏にグローバル100社を集め、オン・オフのハイブリッド開催予定。情報はメールマガジンにて随時配信中

AR Marketは人間のナレッジサイクルに没入型テクノロジーとゲーミフィケーションで寄り添うことをミッションとしたイタリアのスタートアップです。これまでの資金調達は2018年に行ったエクイティ型クラウドファンディングによる2万5,000ドルです。初等教育向けにはAR / VRのゲームによる体験、大学生以上については、スキル習得と才能発掘を目的としたAR / VR / MRコンテンツを販売しています。その他にもおとぎ話を子供のアクションに応じて展開するAR絵本の販売などを行っています。

さらに、ニーズに合わせてカスタマイズされたアプリケーションを作製するための包括的なB2Bサービスも提供しています。教育、トレーニングのプロジェクトに重心を置きながらも、ブランドや製品向けのツールとしても機能も持つということです。具体的にはビジネスカードやパンフレット、没入型トレーニングコースなどで、このような形で2020年にはAryelと戦略的パートナーシップを結び、マーケティングツールとしても強化していくことを示しています。

特集:ARー拡張する現実世界