XTech Ventures、最大100億円規模となる2号ファンドを組成——1号は出資開始から2年半で、すでに3社がイグジット

SHARE:
左から:古川慧氏(アソシエイト)、安岡浩太氏(シニアアソシエイト)、西條晋一氏(代表パートナー)、手嶋浩己氏(代表パートナー)、今野大輝氏(アカウンタント)
Image credit: Chihiro Inoue, Ecrowd

西條晋一氏と手嶋浩己氏の2人が共同創業した XTech Ventures(クロステック・ベンチャーズ) が、2号ファンドを組成したことが明らかになった。2号ファンドからは既に組成が開始されている模様で、1月のファーストクローズ段階で53億円が集まっているとのこと。最終的な調達金額は100億円規模を目指す。

1号ファンドの振り返り

組成時には50億円規模を目指していた1号ファンドは、最終的にオーバーサブスクライブして53億円を調達し着地した。既報の採用管理「SONAR ATS」展開の Thinkings が1号ファンドからの最後の出資となり、Thinkings を含め1号ファンドからの出資は合計39社となった。

BRIDGE とのインタビューで、手嶋氏は 最初のファンドとして「ほぼ予定通りかそれ以上の投資を実行できた」と振り返った。

40社 × 1億円というのが当初の目標だったので、規模的にも件数的にも予定通りだった。(デューデリが及びきらない)宇宙とかは避けたものの、広くいろんな領域に出資するつもりだったが、結果的に D2C のスタートアップへの出資が多かった。D2C の第一の波から投資できたのはよかった。数年内に IPO するところが出てくることを期待している。

一方で、SaaS スタートアップはここ数年盛況だが、サイズも大きくないので、そこにコインベストというだけで XTech が参加することはあまりなかった。若手の起業家にも出資したが、出資先スタートアップの創業者の年齢を見ると40代がボリュームゾーン。全案件のうち79%がリード投資だった。(手嶋氏)

1号ファンドからは既に3つのイグジットが明らかになっている。美容ケア D2C 「FUJIMI(フジミ)」運営のトリコは今月、ポーラ・オルビスホールディングス(東証:4927)が買収、スペースマーケット(東証:4487)は2018年の出資から1年後に東証マザーズへ上場プレシリーズ A で出資参加した無添加ペットフードのサブスク D2C「レガリエ」を運営するオネストフードは先月トレードセールでイグジットを果たした(イグジット先は非開示だが、同時期にオネストフードは前澤ファンドからの資金調達を明らかにしている)。

1号ファンドからの投資先
Image credit: XTech Ventures

2号ファンドに入り、チームビルティングも増強へ

最大100億円規模となる2号ファンドでは、チケットサイズ1.5〜2億円程度で40〜50社への出資を目指す。この規模であれば、それなりのパフォーマンスが出ているスタートアップの7〜8億円程度のシリーズ A ラウンドでもリードを取れる可能性がある。共に事業経験を持つ西條氏と手嶋氏の強みを生かし、プレシリーズ A やシリーズ A ラウンドでの出資即決が可能なファンドになれる。

(西條氏も手嶋氏も)事業経験があるので、暗黙知と経験値で投資判断をしてきた。2号ファンドからはチームビルディングを強化していく。エキサイトからの転籍組(編注:2018年、西條氏がエキサイトの代表取締役社長に就任し、XTech がエキサイトを TOB したため、エキサイトと XTech の間には人材交流がある。トップ写真の安岡氏と古川氏はエキサイト出身。)もいるが、パートナーなども増やしたい。

ちゃんと投資できるよう、バッターボックスに立ってもらえるよう、積極的にパートナーを育てたい。事業会社の出身者で固めて行ってもいいし、多種多様な業界から人に入ってもらっても、その人の価値を高められるのでいいのかな、と考えている。(手嶋氏)

XTech Ventures ではパートナーを始め人材強化を念頭に、今週金曜日にはオンラインイベントを開催する予定だ。投資サイドのみならず起業家の育成にも余念がない。西條氏や手嶋氏のほかイグジット経験者などを招き、定期的に「XTech Ventures Bootcamp」という合宿プログラムを起業家向けに開催している。創業から数年経過してもスケールしていないということがないよう、起業家に視座を上げてもらい、具体的な未来目標を持ってもらうことが狙いだという。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録