Clubhouseで話す人々にマネタイズの活路——Clubmarket、スポンサーシップマーケットプレイスをローンチ

SHARE:
スポンサーシップで Clubhouse をマネタイズする「Clubmarket」
Image Credit: Clubmarket

Clubhouse は最近大きな注目を集めているが、その人気あるソーシャル音声セッションにマネタイズをまだ導入していない。そんな中、独立系スタートアップの Clubmarket が、その方法を見つけ出した。

Clubmarket は、Clubhouse のプログラム作成者のためのスポンサーシップマーケットプレイスを立ち上げつつあると、Clubmarket 共同創業者の Tomer Dean 氏が VentureBeat にメールで語った。Clubhouse のマネタイズは、Clubhouse のセッション内でも人気の高いトピックだ。

iOS でのみ利用可能な Clubhouse は、1年前からβテストを実施している。しかし、ここ数カ月で急速に拡大し、12月には VC の Andreessen Horowitz の支援を受けて、時価総額10億米ドルで1億米ドルの資金調達を行った。モバイル関連調査会社 App Annie の推計によると、Clubhouse のこれまでのダウンロード数は1,270万件で、そのうち3月1日以降のダウンロード数は130万件となっている。全てのダウンロードのうち、アメリカでは370万件、日本では180万件、ドイツでは73.5万件となっている。

しかし、オーディエンスが急速に増えている一方、Clubhouse には広告も無ければ、ユーザに料金を請求することもない。また、Clubhouse の Room にいるスピーカーが講演料を請求する方法も無い。

しかし、Dean 氏はスポンサーシップのためのドアは開いていると言う。目下開発中の Clubmarket は、Clubhouse のクリエイターに、有料のブランドスポンサーシップへのアクセスを提供する。この若いスタートアップは、最初に受け入れるクリエイターの数を正確に発表していないが、その数はおそらく数千人になるだろうと、Dean 氏は語った。

このマーケットプレイスでは、ブランドがさまざまな方法で Clubhouse の Room をスポンサーできるようになる。

Clubmarket は、スピーカーの Clubhouse でのギグを支援。
Image Credit: Clubmarket
  • Room Branding………ニッチなトピックを議論する既存の Room は、Room 名に「Sponsored by X」を追加することで、企業にブランド認知を提供できる。(例:「How Startups Can Manage Their Tasks. Sponsored by Monday」)
  • Shoutouts………幅広いソリューションを議論する Room では、ベンダーの製品を議論に含めることができる。
  • Thought Leadership………Tesla CEO の Elon Musk 氏が Clubhouse でインタビューを受けた後、このアプリを利用するエグゼクティブが増えた。このギグによりテックエグゼクティブは適切な Room でインタビューを受けることができる。(例:「Interview AMA with VP Marketing @ Salesforce」)

さまざまな「ギグ」の価格は、各クリエイターが独自の料金を設定している。Clubmarket の Web サイトの見積ツールによると、500人のリスナーがいるテック関連の Room では、共同ブランドのスポンサーとして最大1,000〜2,000米ドルの料金を請求できる。「Drop-in Audio」の市場はまだ始まったばかりなので、ユーザの導入が進むにつれて価格が上昇する可能性がある。

このマーケットプレイスのアイデアは、Clubhouse のパネルから生まれた。先月、Product Hunt 創業者 Ryan Hoover 氏は、Clubhouse に関するコミュニティタウンホールを開催した。その中で、Product Hunt で Clubhouse 関連のサービスが急増していることに触れ欠けている点について言及、近々スポンサーシップマーケットプレイスが世の中に登場するだろうとコメントした。

その場にいたリスナーの一人である連続テック起業家は、思わず胸をなでおろした。彼は以前、需給の両側をマッチさせるマーケットプレイス(閉鎖済)を立ち上げた経験から、自分のチームが何かを開発し数週間で市場に投入できることを知っていた。現在、このマーケットプレイスは開発段階にあり、数週間後には初期ユーザの登録を開始する予定だ。

Clubhouse 自身も今週、20人のクリエイターがブランドスポンサーと協力して行う初のアクセラレータプログラムを発表したが、このプログラムはまだ一般には公開されていない。Clubmarket には、Dean 氏の他に Peleg Aran 氏や Nimrod Kramer 氏が共同創業者として名を連ねている。彼らはこれまでに、VC の支援を受けたスタートアップやマーケットプレイスを複数立ち上げてきた。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録