自動運転トラックのPlus:年間700億ドルの物流・配送コスト削減効果を期待(2/2)

SHARE:

(前回からのつづき)2019年12月、PlusはLand O’Lakesと共に米国を横断する商業貨物輸送を完了した。自動運転システムは、車両試験設備と試験場のある交通研究センターを介した独自の試験も実施している。

「トラックの事故とトラックの運転手不足の深刻化は、私たちの経済や日常生活に影響を与えています。Plusのメンバーは全員、自動運転トラックを開発することで世界をより安全で環境に優しいものにし、より効率的な燃料消費によって運用コストを削減できるようにしたいと常に考えています」とLiuは声明の中で述べ、今後数年のうちに米国、中国、ヨーロッパへ同社の自動システムを搭載した”数万台”のトラックの展開を検討しているとこう付け加えた。 「追加の資金提供と投資家からの継続的なサポートを受け、商業化の取り組みをさらに拡大し、より多くの国で自動運転トラックのサービスを提供できるようにします」。

米国で貨物として輸送される配送物の価値は、2013年には1日あたり約500億ドルと推定された。自動運転トラック市場(2019年に総額542億3000万ドルとされた後、世界で6,700台に到達したと予想されている)は、生産性を30%向上させながら、物流・配送業界のコストを年間700億ドル削減する。約束されたコスト削減に加え、トラックによる輸送自動化の成長は、ドライバー不足の問題解決も促進する。 2018年、米国トラック協会は睡眠時無呼吸症候群に対する米国運輸局によるスクリーニングの提案を取り合わなかった上で、米国の運転手不足を解消するためにはさらに5万人以上のトラック運転手が必要であると推定している。

Plusは、2018年に中国政府から許可を取得し、北京の公道でBaiduのApolloプラットフォームを搭載した自動運転車をテストできるようになったダイムラーとの競争を繰り広げている。また、スタートアップのOptimus Rideは、ブルックリンで小型の自動運転シャトルカーを展開している。 2018年11月、米国の25を超える都市で実走行距離2,000万マイル以上を記録し、数十億マイルのシミュレーションを行ったWaymoは、カリフォルニア州車両管理局(DMV)から自動運転車のテスト許可を取得した最初の企業となった。その他の競合他社には、Tesla、Aptiv、May Mobility、Cruise、Aurora、Argo AI、Pronto.ai、Pony.ai(今週1億ドルを調達)、Nuroなどがある。

Sequoia、Lightspeed、GSR Ventures、CGC、Mayfield、中国の自動車メーカーSAIC、およびトラック輸送プラットフォームでPlusの顧客であるFull Truck AllianceもPlusの最新の資金調達ラウンドに参加した。これにより同社の資金調達総額は4億ドル近くとなる。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】