学童施設向け集金業務キャッシュレス化SaaS「enpay」運営、 シリーズAで4億円を調達——DNXと中銀系ファンドから

SHARE:
Image credit: Enpay

集金業務のキャッシュレス化 SaaS「enpay」を運営するエンペイは1日、シリーズ A ラウンドで4億円を調達したことを明らかにした。このラウンドのリードインベスターは DNX Ventures で、岡山の中国銀行と傘下の中銀リースが昨年設立した5億円ファンド「ちゅうぎんインフィニティファンド」が参加した。エンペイ代表取締役の森脇潤一氏は岡山県出身であることから、同ファンドが地元出身起業家に支援した形だ。

エンペイは昨年11月、J-KISS 型新株予約権によりイード(東証:6038)から資金調達を行なっている。今回ラウンドを含めたエンペイの累積調達金額は4億7,000万円。同社では調達した資金を使って、enpay の事業拡大と品質向上、新たな金融サービスの開発、それらに伴う組織の拡充を強化するとしている。

エンペイは2018年11月に森脇氏により創業。森脇氏は以前、保育園の連絡帳や登園・降園記録を家庭と園の間でやりとりできるサービス「kidsly」を考案し、リクルートホールディングス(東証:6098)の社内事業立案コンテスト「NewRING」でグランプリを獲得(kidsly はその後、フレーベル館を経てユニファが買収)。立ち上げ期に事業責任者としてヒアリングや調査で通った250以上の保育園での体験から、給食代をはじめとする集金業務が現金で行われていることを知り、DX 化をの必要性を痛感し enpay の開発に至った。

これまでにも月額代金などを口座振替で引き落とす仕組みはあったが、引き落としの元データを前月までに用意する必要があるなど運用上の柔軟性に欠けた。また、対象者の口座残高が不足していて引き落としができなかった場合、リカバリで学童施設現場での現金出納による集金業務が残ってしまう。enpay では施設向けにクラウド管理画面を用意し、金額や品目に応じて LINE 経由または紙の請求書で支払請求できる機能を提供。請求書を受け取った学童の父兄は、クレジットカード、LINE Pay、コンビニで支払が可能だ。

集金状況はクラウド管理画面でリアルタイムにモニタリングでき、未払者へのリマインドも対応可能。リマインド時の支払も enpay 経由になるため、学童施設では現金を出納管理する必要がなくなる。森脇氏によれば UI/UX を極力シンプルにしているため、カスタマーサクセスがやりやすく、ユーザである学童施設の担当者には、一度オンライン説明するだけでオンボーディングが実現できているという。ユーザの95%が継続利用を希望し、NPS(ネットプロモータースコア)は良点を弾き出しているとのことだ。

口座振替から enpay に乗り換えてくれた施設が多い。オペレーションにからむ関係者が少ないのがサービスの売りなので、業務から手が離れるというのが導入のきっかけになり、導入を決める意思決定も非常に早い。決済そのものより、手間暇がかかっている集金管理の簡便化に重心を置いているので、AirPay などの他の決済サービスとも市場が異なり競合しない。(森脇氏)

ヤフーと LINE の経営統合に関連し、PayPay と LINE Pay も将来統合されることが明らかになっている。enpay は QR コード決済の中では LINE Pay が既に利用可能だが、昨年末からヤフー傘下の YJ キャピタルが組織する「PayPay Accelerator Program」に参加しているため、enpay が決済手段として PayPay に対応するのも時間の問題だろう。同社では今後、学童施設に加え、GMO ペイメントゲートウェイらとも協業しながら、塾や習い事、パーソナルジムや介護施設などにも営業対象を広げる。

エンペイでは、学童施設への営業拡大にあたり、幼稚園や保育園向けの業務支援サービスを行う企業とのアライアンスを戦略の中心に据えている。保育 ICT システム「コドモン」とのシステム連携、VISH が提供する「園支援システム+バスキャッチ」とのデータ連携をそれだ。いずれも請求情報が enpay に取り込めるため、請求から会計管理までワンストップで業務が可能になるという。同様のアライアンスを主軸に、エンペイでは教育業界のキャッシュレス化・DX 化をさらに取り組むとしている。

<参考文献>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録