マネーツリー、シリーズC2ラウンドでフィデリティらから26億円を調達【Canvas 5月号(前半)】

SHARE:

2021年5月の調達ニュース(前半)

今月の国内スタートアップの主要な資金調達ニュースをお届けします。

京都発アグリテックの坂ノ途中、シリーズCで8.3億円を調達——ハウス食品、味の素、インパクトファンドらも参加(5月14日)

  • 坂ノ途中は、シリーズ C ラウンドで8億3,108万8,000円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、三井住友海上キャピタル、ハウス食品グループイノベーションファンド(ハウス食品と SBI インベストメントが運営)、味の素(東証:2802)、GLIN Impact Capital、taliki、ハックベンチャーズ、京都信用金庫など。調達額には、日本政策金融公庫からのデットが含まれる。

アクセルスペース、シリーズCで約25.8億円を調達——毎日全地球観測インフラ「AxelGlobe」は衛星10基体制へ(5月14日)

  • アクセルスペースホールティングスは、シリーズ C ラウンドで約25.8億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、スパークス・イノベーション・フォー・フューチャー、三井住友トラスト・インベストメント、JP インベストメント、31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロース Ⅰ 合同会社(三井不動産、グローバル・ブレイン)、京セラ、三菱 UFJ キャピタル。

ICタグで在庫管理を効率化するRFルーカス、安田倉庫、三井不動産などから3億円調達(5月14日)

  • RFルーカスは、安田倉庫、三井不動産を引受先とする第三者割当増資の実施を公表している。調達した資金は3億円で、払込日や株価、出資比率などの詳細は非公開。

日程調整プラットフォーム「Spir(スピア)」が正式ローンチ、One Capitalと個人投資家複数から2億円をシード調達(5月13日)

  • Spir は、シードラウンドで2億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、One Capital と、柴山直樹氏(PLAID 共同創業者兼 CPO)、間下直晃氏(V-Cube & Founder CEO)、新明智氏(ココナラ共同創業者兼取締役)、Jonathan Siegel 氏(Xenon Partners Founder CEO)、亀井智英氏(Tokyo Otaku Mode 創業者兼会長)ほか、5人の匿名の個人投資家。なお、柴山氏は Spir のテクニカルアドバイザーにも就任する。

建機レンタルDXのSORABITO、DG Daiwa Venturesらから7億円を調達——累積調達額は26億円に(5月13日)

  • SORABITO は、直近のラウンドで7億円を調達したと発表した。このラウンドのリードは DG Daiwa Ventures が務め、セゾン・ベンチャーズ、損害車買取のタウ、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス、インフラメンテナンスや建築物修繕サービスのカシワバラ・コーポレーション、デジタルトランスフォーメーションファンド(佐銀キャピタル&コンサルティング、オプティム、オプティム・バンクテクノロジーズが運営)、紀陽リース・キャピタル、GMO VenturePartners から約7億円を調達したと発表した。

マネーツリー、シリーズC2ラウンドでフィデリティらから26億円を調達——累積調達額は47億円に(5月13日)

  • マネーツリーは、シリーズ C2 ラウンドで26億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、Fidelity International、Aslead Capital、GMO ベンチャーパートナーズ、山内家ファミリーオフィス(任天堂創業家)など。シリーズ C2 での調達合額は26億円で、累積調達額は47億円。前回発表時の累積調達額を約31億円としていたことから、前回発表には一部シリーズ C2 ラウンドが含まれていたと見られる。

ケーキ専門通販サイト「Cake.jp」運営、ニッセイ・キャピタルや丸井らから7.7億円を調達(5月13日)

  • Cake.jp は、直近のラウンドで7.7億円を調達したことを明らかにした。このラウンドに参加したのは、ニッセイ・キャピタル、丸井グループ(東証:8252)、博報堂 DY ベンチャーズ、三菱 UFJ キャピタル。同社では、今回調達した資金をマーケティング、商品開発、プロダクト開発の分野において活用するとしている。ニッセイ・キャピタルは前回ラウンドに続くフォローオンでの参加。

ノーコード対話AIプラットフォーム「KUZEN」運営、シリーズAラウンドで4.5億円を調達——UTEC、UB Venturesから(5月12日)

  • コンシェルジュは、シリーズ A ラウンドで4.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(UTEC)と UB Ventures。同社にとっては、2016年7月のシードラウンド(ANRI から調達)、2019年6月のプレシリーズ A ラウンド(2億円を調達)に続くものとなる。明らかになっているものだけで、累積調達金額は6.5億円を超えた。

バーチャル空間「oVice」運営、プレシリーズAで1.5億円を調達——One Capital、MIRAISE、DGベンチャーズから(5月12日)

  • oVice は、プレシリーズ A ラウンドで1.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、One Capital、MIRAISE、DG ベンチャーズ。One Capital と MIRAISE は、同社が2020年12月に実施したシードラウンド(1億円を調達)に続くフォローオン。また、oVice は Open Network Lab のシードアクセラレータプログラム第21期に採択されており、DG ベンチャーズからの出資はこれを受けてのものだ。

在庫管理SaaS「ロジクラ」運営、STRIVEや三井住友海上キャピタルらから3.6億円を調達——ECフルフィルメントを強化(5月11日)

  • ロジクラが、直近のラウンドで3.6億円を調達したことが明らかになった。このラウンドに参加したのは STRIVE と三井住友海上キャピタルで、調達金額には日本政策金融公庫からの融資が含まれる。今回ラウンドは2017年6月のシード調達(推定調達額は数百万円程度)、2017年12月に実施したプレシリーズ A ラウンドでの5,000万円の調達、2020年に実施した1.2億円の調達に続くものだ。

全国のパンが食べられる冷凍サブスク「パンスク」運営、約2.6億円を調達しシリーズAをクローズ(5月10日)

  • パンフォーユーは、約2.6億円を調達しシリーズ A ラウンドをクローズしたことを明らかにした。今回はシリーズ A ラウンドのセカンドクローズで、調達額は AGキャピタル と KDDI Regional Initiatives Fund(KDDI とグローバル・ブレインが運営)から8,000万円。今年2月のシリーズ A ラウンドのファーストクローズではの1回目のラウンドでは、ギフティ、九州オープンイノベーションファンド(GxPartners と FFG ベンチャービジネスパートナーズが運営)から調達していたことを明らかにしていた。

再エネ販売のみんな電力、シリーズC1で丸井・SMBC-VC・あおぞら銀から11.5億円調達——累積調達額は41.5億円に(5月10日)

  • みんな電力は、シリーズ C ラウンドのファーストクローズで11.5億円を調達したと発表した。このラウンドに参加したのは、丸井グループ(東証:8252)、SMBC ベンチャーキャピタル、あおぞら銀行(東証:8304)。みんな電力にとっては、2017年11月に実施したシリーズ A ラウンド(1.8億円を調達)、2019年1月に実施したシリーズ B ラウンド(11.8億円を調達)、2020年10月に実施したプレシリーズ C ラウンド(15億円を調達)に続くものとなる。今回のラウンドに参加した投資家のうち、丸井グループはシリーズ B およびプレシリーズ C ラウンドに続くフォローオン、SMBC ベンチャーキャピタルはシリーズ A ラウンドに続くフォローオン。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録