テック大手各社が5月の消費刺激キャンペーン開始、ライブコマース規制で捜査・新規則運用開始など——中国テックシーン・アップデート

SHARE:
注文品をピックアップする Meituan(美団)のドライバ
Image credit: TechNode/Coco Gao

e コマース小売業者は、5月の中国労働節の連休中、全国的な消費者セールに向けて準備を進めた。規制当局は、Tencent(騰訊)が出資する Meituan(美団)の捜査を開始した。中国政府の7つの機関が、ライブコマースに関する新しいルールを発表した。JD Logistics(京東物流)と Alibaba(阿里巴巴)に買収されたエドテック企業 Zuoyebang(作業帮) が、IPO を検討している。

5月連休の消費刺激策

中国商務部(日本の経済産業省に相当)は、パンデミックの中で経済回復を後押しすることを期待して、5月1日に1ヶ月間の個人消費拡大キャンペーンを開始する。テック大手の Alibaba(阿里巴巴)、JD.com(京東)、Meituan(美団)、Trip.com(携程)、ByteDance(字節跳動)など eコマース 小売業者約260社が全国的なイベントに参加する。南華早報

Meituan(美団)にライブコマース規制で捜査

  • 中国の独禁法規制当局である国家市場監督管理総局(SAMR)は、4月26日に1行の声明を発表し、Tencent(騰訊)が支援するフードデリバリ大手 Meituan(美団)を「強制的な独占」の疑いで捜査していることを明らかにした。これは、プラットフォームが加盟店に1社のプラットフォームやサービスのみの利用を強制する慣行である。Meituan は調査に協力すると述べている。 Meituan は、インターネット分野の同業33社とともに、SAMR のルールを遵守すると4月14日〜16日に誓っていた動点科技
  • また、中国の中央網路安全和信息化委員会弁公室(サイバースペース管理当局)、公安部、商務部など7つの中央政府機関は4月23日、ライブコマースに関する新規則を発表し、この規則は5月25日から施行される。ライブストリームの視聴と取引、誤解を招くようなマーケティング、ユーーのデータプライバシーに関する規制は、3月15日の「世界消費者権利デー」に先立ち3月12日に SAMR が開催した年次イベント「中国315晩会」で発表した一連の規則に続くものだ。動点科技

資金調達と IPO

  • 中国のオンライン小売 JD.com(京東)の物流部門 JD Logistics(京東物流)は、香港証券取引所に株式上場の承認を求める。同社は2月16日、新規株式公開のための目論見書を提出した。JD Logistics は、JD.com のヘルスケア部門が12月に上場したのに続き、JD 傘下で3番目の上場部門となる。IFR
  • Alibaba(阿里巴巴)の支援を受けたエドテッスタートアップ Zuoyebang(作業帮)は、早ければ今年の第3四半期にアメリカでの上場を目指すかもしれない。この学習サービスプラットフォームは、5億米ドル以上の資金を調達できる可能性がある。同社は、アメリカ市場に関する知識を得るためと称して、NASDAQ に上場する Joyy(歓衆集団) から CFO を採用した。Bloomberg
  • Sohu Finance(搜狐財経)によると、中国のスーパーマーケットチェーン Wumart Group(物美集団)は3月29日に香港証券取引所に目論見書を提出し、その中で Didi(滴滴)のコミュニティグループ購入プラットフォーム「Chengxin Youxuan(橙心優選)」の株式を、最大2%取得または最大1億ドル購入することに合意したという。コミュニティグループ購入は、近所の人々に商品を販売することを調整する組織者のネットワークを採用した、プラットフォームベースの食料品サービスだ。個々の注文をまとめて出荷することで、グループ購入のサービス企業は顧客に低価格で提供することができる。搜狐財経
  • 宅配サービス Baishi Express(百世快逓)は4月24日、杭州でインターネット会議を開催し、CEO の Johnny Chou(周紹寧)氏は、同社が現在、資金調達の話し合いを行っていることを発表した。同氏は、IPO の最も早いスケジュールは2022年であると述べた。36気

フードデリバリと食料品販売

  • 食料品 EC の Missfresh(毎日優鮮)は、今月初めに JD.com(京東)アプリとその派生サービスである JD Daojia(京東到家)で農産物の提供を開始した。JD は、自社のマーケットプレイスへのアクセスと引き換えに、取引毎に手数料を徴収する。この2つのプラットフォームのターゲットは、農産物の宅配を希望する消費者という点で共通している。MissFresh は4月初め、アメリカの規制当局に(IPO のための)目論見書を提出した。KrAsia
  • フードデリバリ大手 Meituan(美団)の新しい自動運転配達車が、先週から本格的に稼働を開始した。Meituan は、車両の航続距離、ストレージ容量、AI の能力が向上したことを強調している。この車両は、パンデミックの中で接近して作業する必要性を最小限に抑えるために、2月に最初のトライアルを開始した。Meituan と清華大学は共同で自動運転車やその他の AI 技術を取り組んでおり、北京市政府は車両のプロトタイプテストのために都市部地区を確保していることから、この分野は注目されている。財新国際

Alibaba(阿里巴巴) vs. Tencent(騰訊)

Alibaba(阿里巴巴)幹部によると、Pinduoduo(拼多多)競合で Alibaba 傘下の「Taobao Deals(淘宝特化版)」が、 Tencent(騰訊)のメガチャットアプリ「WeChat ミニプログラム(微信小程序)」の申請がほとんど進んでいないという。同幹部によると、 Tencent は Taobao Deals のテストを中止しており、ミニプログラムの開始時期についても提示していない。南華早報

【via TechNode】 @technodechina

【原文】