アジア越境ファッションEC「60%」にヤマトHDなどが出資、アジア展開を加速

SHARE:

アジアブランドの越境ファッションEC「60%」を運営するシックスティーパーセントは4月19日、ヤマトホールディングスのCVCファンド「KURONEKO Innovation Fund」をリードに、NOW、三菱UFJキャピタルを引受先とする第三者割当増資の実施を伝えている。

NOWは2020年1月の出資に続いてのラウンド参加となる。出資額や払込日、比率などの詳細は非公開。今回出資したヤマトホールディングスとは物流面で連携も視野に入れており、国内およびアジア地区でのファッション販売網を強化する。調達した資金は開発やマーケティングなどの体制強化に投資される。

シックスティーパーセントの創業は2018年7月。韓国やインドネシア・台湾・中国などアジアのストリートブランドを扱うオンラインセレクトストア「60%」を運営する。4月時点でアジア10カ国約250ブランド、約1万3,000アイテムを扱う。

シンプルなマーケットプレイス型で、アジア圏のファッションブランドが出店・販売し、越境する際のロジスティクス周りを同社が請け負う。独自の流通網を整備しており、個人の並行輸入などに比較して送料を抑えることに成功した。ブランドについてもアーティストや限定のブランドコラボレーションを展開するなどオリジナリティを追求しており、10代から20代前半を中心とした客層をファンに抱える。

これまでは国内中心に展開してきたが、同社によると40カ国からの注文が発生しており、タイや中国など「アジア to アジア」の越境ECについても展開を進めるとしている。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録