ビジネス向けチャットツール開発のL is B、シリーズCラウンドで12.3億円を調達

SHARE:

企業向けのチャットボットやチャットツールなどを開発する L is B は2日、シリーズ C ラウンドで12.3億円を調達したことを明らかにした。このラウンドには、チェンジ(東証:3962)、大和企業投資、イノベーション・エンジン、みずほキャピタル、三菱 UFJ キャピタルが参加した。同社にとっては、2019年6月に実施したアズワン、QTnet からの調達に続くものとなる。

L is B はビジネスチャットサービス「direct」を開発。文字のやりとりだけでなく、現場で撮った写真や図面ファイルを使った情報共有、緊急時の連絡手段として広く利用されている。そのほかにも、自動学習型 FAQ チャットボット「AI-FAQボット」や長時間労働是正ソリューション「direct Smart Working Solution」を提供。企業の DX 化支援の文脈で事業を拡大してきた。

2013年11月にリリースされた direct は、現在までに2,500社以上に導入されている。2014年12月からはチャットボット開発環境「daab SDK」を提供しており、企業ユーザは kintone や Office 365、G Suite などに構築された業務システムと連携するチャットボットを開発することが可能だ。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録