シンガポールのIoTスタートアップUnaBiz(優納比)、東京オフィスを開設

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


IoT を提供する UnaBiz(優納比)は、新たな市場への進出を目指し、東京にオフィスを開設したことを発表した。

Image credit: UnaBiz

同社の新部門では、Pascal Gerbert-Gaillard 氏がマネージング・ディレクターに就任する。現在は、フランス政府の貿易アドバイザー、日本フランス商工会議所の理事、フランス École Polytechnique の同窓会のアジア支部長などを務めている。

シンガポールに本社を置き、台湾にもオフィスを構える UnaBiz は、スマートメーター、設備管理、資産管理、資産追跡などの分野に注力している。エネルギー効率が高く、拡張性があり、導入が簡単なソリューションを手頃な価格で提供することを目指している。

Pascal Gerbert-Gaillard 氏
Image credit: UnaBiz

日本では、新型コロナウイルスの感染拡大により、さらに悪化した労働力の減少を補うために、常に次世代技術を開発している。また、UnaBiz は企業と協力して、施設管理、公益事業、サプライチェーンや物流、ヘルスケアサービスをターゲットにしたソリューションを開発している。(Gaillard 氏)

UnaBiz は2018年6月、KDDI が Soracom IoT Fund Program を通じてリードインベスターを務めたシリーズ A ラウンドで、1,000万米ドル以上を調達した。以降、UnaBiz は、液化石油ガス事業を展開するニチガスに対し、85万台のスマートガスメーターリーダーを導入した。

シリーズ A ラウンドの後、UnaBiz は Invest Tokyo プログラムに参加し、経営コンサルティング会社のアクセンチュアと協力して、日本市場への参入に注力するための重要なパートナーや主要分野を特定した。

<関連記事>

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録