物流プラットフォーム「Barogo(바로고)」が約79億円調達など——韓国スタートアップシーン週間振り返り(6月7日~6月11日)

本稿は、韓国のスタートアップメディア「Startup Recipe(스타트업 레시피)」の発表する週刊ニュースを元に、韓国のスタートアップシーンの動向や資金調達のトレンドを振り返ります。

Copyright 2021 © Media Recipe. All Rights Reserved.


6月7日~6月11日に公開された韓国スタートアップの調達のうち、調達金額を開示したのは14件で、資金総額は1,671億ウォン(約164億円)に達した。

(クリックして拡大)

主な調達

調達額300億ウォン(約29.4億円)以上

  • 物流 IT プラットフォーム「Barogo(바로고)」が総額800億ウォン(約78.7億円)規模に及んだシリーズ C ラウンドの調達を完了。戦略的投資家の11番街、CJ グループのマイクロフルフィルメントセンター(MFC)の構築に乗り出す計画だ。カンナム(江南)、ソチョ(瑞草)、ソンパ(松坡)など首都圏を中心に、今後 MFC 25ヶ所をオープン予定。100人規模の新規採用により新事業、配送サービスの高度化を加速。
  • シェアオフィスの FastFive(패스트파이브)が300億ウォン(約29.4億円)を調達し、累積調達額が1,000億ウォン(約98.3億円)を突破。オフィスソリューションなどの商品の多様化、ビルソリューションを通じた事業拡大、メンバーのためのマーケットプレイスのオープンなど、企業のオフィス関連消費支出全体をターゲットにしたプラットフォームビジネスを推進する予定。

調達額100億ウォン(約9.7億円)以上

  • モビリティアーバンテック企業 Motov(모토브)が110億ウォン(約10.8億円)を調達。タクシー上のランプにつけたデジタルサイネージと30以上 IoT センサーを搭載したスマートメディアデバイスを通じ、リアルタイムで都市データ収集と位置ベースの広告を提供する。現在900台のタクシーが運行中。
  • 名門大出身のチューターが教える1:1の映像英語サービス「Ringle(링글)」が100億ウォン(約9.8億円)の投資を集めている。中核人材採用・教育コンテンツと技術システムの開発に使用する予定。…… 関連記事
  • 自律走行ロボット製作会社 Twinny(트위니)が170億ウォン(約16.7億円)を調達。物流センター、工場、病院、スマートファームに自律走行ロボットとターゲット追従ロボットの両方を提供。今年のアパート団地内で使用可能な配送ロボットを披露する計画。来年下半期に KOSDAQ 上場を目標に掲げる。
  • メイクアップブランド「hince(힌스)」運営会社 VivaWave(비바웨이브)が100億ウォン(約9.8億円)を調達。投資を通じて、国内外のマーケティング、ブランディング推進を計画。
  • AI 英語学習「Say Voca(말해보카)」の運営会社 EPOP Soft(이팝소프트)が100億ウォン(約9.8億円)を調達。ゲームと教育を組み合わせた英語学習アプリで累積ダウンロード数85万件を記録。

その他の調達

  • 韓医薬コマース、オンライントレーニングスタートアップ Medistream(메디스트림)が55億ウォン(約5.4億円)を調達。全ての韓医師、韓医大学生の62%以上が参加する。昨年の売上高は、2019年比で300%増加した。
  • MZ 世代(1980年代から2000年代に生まれたミレニアルと、​1990年代から2000年代に生まれた Z 世代を合わせた造語)向けニュースレターサービス「NewNeek(뉴닉)」が25億ウォン(約2.5億円)を調達。難しい経済ニュースを簡単に説明することで、2021年5月現在30万人以上が購読。アプリのリリースと、経済・環境などさまざまな分野で、独自のコンテンツ制作を計画。
  • リアルタイム会議ソリューション Strum Korea(스트럼코리아)が7億ウォン(約6,900万円)を調達。チャットやビデオ会議の際、オンラインホワイトボードで写真や文書を高速に共有できるサービス。共有したファイルの上に参加者が変更加筆でき、筆記、映像録画、録音が可能。
  • クラウドベースの PC セキュリティプラットフォームソリューション ExospLabs(엑소스피어랩스)が10億ウォン(約9,800万円)を調達。スタートアップ、中小企業の顧客2,000社以上。直近の6ヶ月間で100%成長した。

調達額非公開

  • 判例などの法律情報検索サービスを提供するリーガルエンジン運営会社 Carillon(까리용)がシード調達。
  • 中古ブランド品取引所「Plav(플라브)」が調達。NFT(代替不可能トークン)の鑑定書が特徴で、Z 世代がターゲット。
  • モジュール建築材料スタートアップ Moconst(모콘에스티)が調達。工程簡略化の施工性を改善したサービス。
  • IT プロダクトメーカーのためのソーシャルネットワークサービス「Disquiet(디스콰이엇)」がシード調達。メーカーが製品開発に関連する意見を共有可能。
  • ウォンジュ(原州)の伝統酒製造に特化した Epkkot(이쁜꽃)が調達。手作りビールと、カンウォンド(江原道)醸造所とのコラボによる伝統酒を開発予定。
  • 資産ポートフォリオサービス「TheRich(더 리치)」開発会社 Billionaires(빌리어네어즈)が調達。
  • WhyNot Media(와이낫미디어)が日本のキャリア KDDI から戦略的投資を受けた。グローバル市場を目指し、コンテンツを制作予定。…… 関連記事

トレンド分析

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、リモートワークは日常のものとなった。大企業はもちろんスタートアップの多数が、会社正常化後もハイブリッド形式でオフィスを運営することになるだろう。従業員にリモートワークとオフィス出勤2つの選択肢を提供し、柔軟性を保証することになるが、この影響により、リモートワーク環境で活用できる企業のツールが大規模な資金調達を実施、利用率が高くなっている。コロナ禍で急成長し正式ローンチ前に大規模資金調達を実施したサービスを5つ紹介する。

Loom はビデオメッセージを送ることができるサービスを提供している。時価総額はなんと1兆ウォンを超える15億3,000万米ドルで、1年前に比べ4倍以上に達した。2015年に設立された Loom は、録画映像を配信してくれるビデオプラットフォームで、Netflix や Twitter などを顧客に持つ。12万社1,000万人以上の従業員が使用し、毎年900%ずつ成長している。Zoom とは異なり、録画映像を提供できることが差別化要素だ。最近では、VC が投資前に Loom を活用して映像資料を受け取った後、Zoom でリアルタイムミーティングし、その後、投資を検討してもらう話し合いを持つという流れが一般的になっているそうだ。

Rewatch は映像コンテンツのソリューション企業だ。ビデオ会議に最も多く使用される Zoom と Google Meet を連結、社内すべてのビデオチャットを自動的に一ヶ所で管理できるシステムを構築した。今後、より多くの業務が映像を通じて進められると見込まれる中で、これを処理するためのツールが必要になるとの確信のもと誕生し、最近 Andreessen Horowitz などから2,000万米ドルを調達した。Rewatch はすべてのビデオを1ヶ所で見られるだけでなく、映像に字幕をつけて、いつでも映像検索と追跡が可能にしたのが特徴だ。

Remote は、企業が世界中の人材を採用して給与を支払うことができる HR プラットフォームで今年初めに設立された。リモートワークが増えたことで、場所に制約なくグローバルな人材を確保することができるようになったが、現地の法律や給与体系を遵守するのは難しく、こうした問題を解決するためのプラットフォームとしての給与提供から移民サービスまで提供している。企業が直接ビザを発給する代わりに Remote が雇用を肩代わりすることで、現地のグローバル人材を採用できるように支援する。ヨーロッパのほとんどの地域やアメリカ、アジアの一部など17カ国で使用可能。Sequoia Capital のリードで3,500万米ドルを調達している。

Spotmeeting はビデオ会議に疲れた人のために、音声中心の会議プラットフォームを提供。音声だけで会議を進行することができるサービスだが。場所にとらわれず、いつでもどこでも会議を主催・参加でき、音声コマンドで会話の内容を記録し、会議のノートも作成し、内容を他人と共有することも可能だ。使用しているカレンダーと連動して楽にミーティングをスケジュールすることができる。Spotmeeting はまだ β版だが、KPCB から500万米ドルのシード資金を調達した。現在、利用希望者をウェイティング募集中だ。

Calendly は会議時間予約サービスだ。カレンダー上のスケジュールの空き状況を確認し、予定をスケジュール管理できる方法を提供する。 Google、Outlook のカレンダーを利用することもでき、予約機能だけでなく費用支払まで支援する。例えばカレンダーに予約したヨガのクラス受講料を支払うといったケースだ。リモート会議が増えたことで、Calendly は成長を見せている。月間ユーザは1,000万人で、昨年同社は7000万ドルの収益を上げ、今後の売上高は10億米ドルに達すると予想される。去る2月、3億5,000万米ドルを調達し、時価総額は30億米ドルに達した。

【via StartupRecipe】 @startuprecipe2

【原文】