BNPL(後払)スタートアップPaceが数千万米ドルをデット調達、アジアで高級ブランド購入客に無利子分割払を提供

SHARE:
「Pace」
Image credit: Pace Enterprise

Spacemob 創業者 Turochas “T” Fuad 氏が所有する BNPL(Buy Now, Pay Later、後払)スタートアップである Pace Enterprise は、Genesis Alternative Ventures のリードしたラウンドで数千万米ドルをデット調達した。シンガポールに本社を置くこのフィンテック企業は、この資金を東南アジアでの事業拡大に充てる予定だ。

Pace にとっては、今年1月に実施したシードラウンドで Vertex Ventures と Alpha JWC から数百万米ドルを調達したのに続くものだ。それ以来、Pace はユーザベースで1,300%、マーチャントパートナーで200%の成長を記録しているという。

今回の調達に加えて、Pace は、高級品と小売のスペシャリストである Valiram と独占的な地域パートナーシップを結んだことを発表した。このパートナーシップにより、Valiram のアジアで展開するブランドは、Pace の BNPL ソリューションをすべての顧客に提供し、商品を3回の無利子分割払いで購入できるようになる。

今回のパートナーシップにより、Valiram がアジアで展開する20以上の国際的なブランドに Pace が提供されることになる。その中には、Michael Kors、TUMI、Victoria’s Secret、Bath & Body Works、Steve Madden などの消費者向けブランドや、タイの Nike、マレーシアの Pedro などが含まれる。

Pace による支払いは、Web サイト、モバイルアプリ、シンガポール、マレーシア、タイ、マカオの200以上の販売拠点を含むすべての販売拠点で、チェックアウト時に利用できる。

今回の提携により、当社グループの各ブランドは、新たな消費者層を開拓することができる。Pace のシンプルでわかりやすく、透明性の高いインターフェースにより、ユーザーが予算や支出をコントロールできるようになることで、お客様が持続可能な支出を実践できるようになることを期待している。(Valiram エグゼクティブディレクタ Mukesh Valiram 氏)

Valiram 以外にも、Pace は、ALDO、Miniso、Swee Lee、OG、Benjamin Barker、Motherswork などのブランドと、複数のアジア地域および地元マーチャントとのパートナーシップを締結している。Pace は、OSIM、FJ Benjamin、Wonderscape group との既存のパートナーシップも拡大している。

我々の目標は、アジア太平洋地域の消費者の買い物の仕方を変えることだ。900以上の販売拠点を持ち、1月以降、取扱総額が550%以上増加しており、飛躍的な成長を遂げていることに勇気づけられている。(CEO Fuad 氏)

アジアの BNPL 業界は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う消費者行動の変化に伴い、過去18ヶ月間で大規模な成長を遂げている。シンガポールでは、Rely や Hoolah など、いくつかのスタートアップがある。

Rely は2020年12月、シンガポールに本社を置く Goldbell Financial Services の戦略的パートナーシップ部門 Polaris から7,480万米ドルのクレジット・ファシリティを確保、この分野のパイオニアと言えるだろう。また、Hoolah も昨年3月、Allectus Capital がリードしたシリーズ A ラウンドで数千万米ドルを調達し、市場に進出している。

Fuad 氏とは?

Turochas “T” Fuad 氏
Image Credit: Pace Enterprise

東南アジアのスタートアップエコシステムでよく知られた顔である Fuad 氏は、これまでに3つのスタートアップを立ち上げ、売却している。彼の最初のスタートアップは、シリコンバレーを拠点とする IoT ソフトウェア会社 WUF Networks だった。この会社は2005年、Yahoo に買収された。

また、バケーションレンタルのオンラインマーケットプレイス「travelmob」の CEO 兼創業者でもある。シンガポールに本社を置く travelmob は、2013年半ばに HomeAway(現在は Expedia の一部)に買収された。2016年には、シリアルアントレプレナーとして、Spacemob を設立し運営。Spacemob が買収された後、WeWork 東南アジア・韓国マネージングディレクター就任 した。

起業の合間には、Skype Asia Pacific のマネージングディレクタとして、日本、中国、オーストラリア、台湾、韓国、インド、東南アジアでの事業拡大を担当した。

【via e27】 @E27co

【原文】