ソフトバンク、インドのフードデリバリ大手「Swiggy」の12.5億米ドルのラウンドに参加

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


インドを拠点とするフードデリバリ企業の Swiggy は、12.5億米ドルの資金調達ラウンドをクローズしたことを発表した。

Swiggy によると、Prosus が共同リードしたこのラウンドには、ソフトバンク・ビジョン・ファンド 2が、インドでのフードデリバリ分野に対する初の投資として参加した。このラウンドには、既存投資家 Accel Partners と Wellington Management が再び参加した。また、カタール投資庁、Falcon Edge Capital、Amansa Capitall、Goldman Sachsl、Think Investmentsl、Carmignac などが新たに出資した。

Image credit: Swiggy

ソフトバンクがインドのフードデリバリ分野に参入することは、同社が Swiggy に投資するのではないかという長年の憶測を経て、待望されていた。バンガロールを拠点とする Swiggy は、調達したばかりの資金を、デリバリ事業の開発を加速させ、将来的には食品および非食品の新たなバーティカル事業を構築するために使用すると述べている。また、同社の技術や AI 能力の向上にも投資する予定だ。Swiggy は、新たな資金により、エンジニアリング、プロダクト、データサイエンス、アナリティクス、サプライチェーンの各チームの強化も視野に入れている。

Swiggy は、過去1年間で複数のカテゴリに進出したことを指摘している。例えば、食料品の即時配達サービス「Instamart」を開始したほか、集荷サービス「Swiggy Genie」の対象地域を新たに65都市に拡大した。Swiggy は、2018年に買収したデイリー食料品宅配サービス「Supr Daily」についても、「毎月、新しいユーザに到達している」と言及している。

Swiggy CEO の Sriharsha Majety 氏は、声明の中で次のように述べている。

インドの中産階級が拡大し、利便性を求める我々のターゲットセグメントのユーザが5億人に成長する中で、今後10年から15年はSwiggy のような企業にとって一生に一度のチャンスだと考えている。

2014年に設立されたこのスタートアップは、500の都市で15万以上のレストランや店舗と提携しているという。今回の Swiggy の資金調達に先立ち、競合の Zomato は先週 IPO を実施した。Swiggy と同様、Zomato も食品以外のカテゴリへの進出を目指しており、Zomato は最近、ソフトバンクが支援するインド最大級の食料品配送サービス Grofers に1億米ドル以上を投資した

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録