広がる出世払い——アフリカの自動車販売に一役買う「Moove」/GB Tech Trend

2,300万ドルの調達を発表したMoove。Image Credit: Moove。

本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」掲載された記事からの転載

グローバルテックニュースでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。

今週の注目テックトレンド

「後払い・出世払い」の考えが拡大しています。

例えば米国の教育市場では「Lambda School」や「Microverse」が登場しました。教育プログラムを無料で提供、その代わり就職したら給与の15〜20%ほどを毎月2、3年間に渡って分配し続けてコスト回収するモデルを採用しています。お金を稼げるようになったら費用を担ってもらう考えです。

住居市場では「Loftium」が登場しました(現在はピボットした模様)。頭金5万ドルを肩代わりする代わりに利用者は3年間、Airbnbに一室を貸し続けて収益を分配します。Airbnbの需要予測データが取得できるようになったために成り立つと考えられたビジネスモデルでした。

これらは「ISA – Income Share Agreement」と呼ばれており、収益分配制度がスタートアップの収益軸として認知されてつつあります。そしてこれをギグ経済に持ち込んだのが、つい先日2,300万ドルの調達を発表した「Moove」です。同社はナイジェリアで自動車をローンとセットで販売しています。

TechCrunchによると、Moove側は独自のクレジット・スコアの仕組みによってローンを策定します。自動車代金の95%を肩代わりし、利用者は返済方法として24か月、36か月、48か月のいずれかの期間を選択することができます。自動車購入後にUberを通じて働き、週次収益の一定割合を返済に充てることができるモデルを採用しています。

Mooveはスコア診断技術に強みを持っています。ナイジェリアの銀行ではドライバーから10〜50%の保証金を徴収することが一般的なのだそうですが、Mooveでは5%。また、実質的な年利についてもナイジェリアの銀行で相場となる20〜25%に対し、Mooveでは8〜13%としているそうです。

アフリカのスタートアップ勢では「FlexClub」もUberドライバー向けに自動車を貸し出す投資プラットフォームを展開しています。投資家が自動車を購入し、FlexClubを通じてドライバーに貸し出し、週もしくは月単位で収益分配されるモデルです、自動車を長期投資対象として運用でき、ドライバーも頭金0で自動車を所有できるため、双方にとってWin-Winの関係を構築できる、というわけです。

これまで金融オプションにアクセスできなかった人に対し、柔軟なサービス形態とデータ分析のモデルを組み合わせることで、特にアフリカや東南アジアのような金融に対する課題感を残している国でのサービス成長が望めそうです。

今週(8月9日〜8月15日)の主要ニュース

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録