ニチレイ、AI献立自動作成アプリ「me:new(ミーニュー)」運営を買収——両社のアプリを統合へ

SHARE:

冷凍食品大手のニチレイ(東証:2871)は、AI 献立自動作成アプリ「me:new(ミーニュー)」を開発・提供するミーニューを買収したと発表した。ニチレイはミーニューの全株式を取得する。買収金額は不明。この買収を受けて、ニチレイの献立自動生成アプリ「conomeal kitchen(このみる きっちん)」と、ミーニューのアプリが統合される。アプリとしては、me:new のブランドが存続する。

「me:new」と「conomeal kitchen」
Image credit: me:new / Nichirei

2014年初めにローンチした me:new は、岡山大学インキュベータから輩出されたスタートアップだ。ドコモ・ベンチャーズが同年3月に開催した第2期インキュベーション・プログラムのデモデイで優勝。その後、マネタイズ手法の編み出しに苦労しながらも、受託開発をしながら再度事業加速する時機を伺っていた。2016年8月に IBM BlueHub 第3期に採択された

2018年5月にトマト銀行(東証:8542)、アドイノベーションの石森博光氏と竹内純氏(両者とも個人投資家として参加)から(調達額は不明)、同年6月にトレンダーズ創業者で現在キッズラインを営む経沢香保子氏から、同年12月に東京電力エナジーパートナー(TEPCO EP)の CVC である東京電力フロンティアパートナーズ(TEPCO FP)から、2019年7月にカルチュア・コンビニエンス・クラブ傘下のデータベース・マーケティング事業子会社 CCC マーケティングから資金調達していた。

<me:new のこれまでの軌跡>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録