妊産婦死亡率ゼロを目指すBabyscripts、医療支援プラットフォーム提供のPrivia Healthと提携

Image credit: Babyscripts

ピックアップ:New partnership gives Privia Health access to Babyscripts’ remote monitoring tools and educational content

重要なポイント:妊婦の死亡ゼロを目指すヘルスケアスタートアップ Babyscripts は2021年8月17日、医療支援のためのプラットフォームを展開する Privia Health との提携を発表した。

  • 両社によると今回の提携の目的は、妊産婦の健康状態における格差を是正し、あらゆる人種の妊産婦死亡率を低下させることであるという。

詳細:Babyscripts は2014年、アメリカ・ワシントンを拠点に Anish Sebastian 氏が共同設立。2030年までに人種や文化的背景に関わらず妊産婦の死亡率をゼロにすることを目標とし、産婦人科に妊婦の健康をモニタリングするための IoT 対応のデバイスやアプリなどを提供する。同社は2020年12月に400万ドルの資金調達を行っている。

  • Privia Health はアメリカ・バージニア州で2007年に設立。医師及び患者の医療体験の質を向上させることを目的に、医療機関向けに診療管理システムや医療技術の支援ツールを提供する。2021年4月にナスダック上場を発表した。
  • 今回の提携により、Privia Health がサービスを提供する全米300以上の医療機関において、妊娠中および産後の母親が Babyscripts の遠隔モニタリングケアやアプリを利用できるようになる。具体的には、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった症状から、メンタルヘルスにおいてもモニタリングができるという。
  • Privia Health のゼネラルマネージャーである Melissa Montague 氏は今回の提携に際し、下記のようにコメントしている。

アメリカ疾病予防管理センター(CDC)によると、妊産婦死亡の60%は予防可能です。この数字をゼロにするためには、すべての患者のリスクに対応し、すべての関係者を巻き込んだ一貫した戦略が必要です。

背景:アメリカ疾病予防管理センター(CDC)のデータによると、アメリカでは80年代後半から妊娠に関連する死亡者数が増加しており、1987年は出生10万人あたり7.2人だったところ、2017年には17.3人となっている。

  • さらに人種間の格差も顕在化しており、Commonwealth Fund のデータによると、黒人女性の妊産婦死亡率は37.1で、白人女性の2.5倍、ヒスパニック系女性の3倍となっている。

<関連記事>

執筆:平理沙子(Risako Taira)/編集:池田 将

via MobiHealthNews

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録