複数デリバリプラットフォームの一元化SaaS「Orderly(オーダリー)」運営、1.1億円を調達

SHARE:
Image credit: Toremoro

複数デリバリプラットフォームの一元化 SaaS「Orderly(オーダリー)」を運営する Toremoro は11日、直近のラウンドで1億1,000万円を調達したことを明らかにした。ラウンドステージは不明。このラウンドに参加したのは、DNX Ventures、DIMENSION、Headline Asia(旧 Infinity Ventures)、河合聡一郎氏と、名前非開示の1社。

同社は2018年6月の創業。当初は、「ASMR(Autonomous Sensory Meridian Response)」と呼ばれるカテゴリの自然音や電子音、楽器音などの音を対象にした音楽プラットフォームアプリ「toremoro」を開発・運営していたが、2019年末にゴーストレストラン事業にピボットした。

ゴーストランレストラン事業を通じ、デリバリ事業者毎に店舗に増え続ける受注用タブレット、サービス毎に分散される管理画面や本部オペレーション、POS への二度打ち作業などの不便に気づき、複数デリバリプラットフォームの一元化 SaaS の開発に着手した。Orderly では、オーダー集約から POS レジまでのオーダーフローを自動化する。

via PR TIMES

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録