インドの中古車販売プラットフォーム「Spinny」、シリーズDでまもなく最大3億米ドルを調達しユニコーンに

SHARE:
Image credit: Spinny

<ピックアップ> Exclusive: Spinny set to become a unicorn with $1.9 Bn valuation

インドの中古車プラットフォーム「Spinny」は、新たな資金調達ラウンドで最大3億米ドルを調達するために、新規および既存の投資家と交渉中にあると、インドのスタートアップニュースメディア Entrackr が28日に報じた。これにより Spinny の時価総額は最大19米億ドルに達する可能性がある。この調達ラウンドは Tiger Global がリードし、Avenir Growth、General Catalyst、Fundamentum、Accel らが参加する可能性がある。

Niraj Singh 氏によって2015年に設立された Spinny は、当初は中古車のオンライン売買サイトとしてスタートしたが、不信感の払拭を目的として、2017年にフルスタックプラットフォームにピボットした。このピボットでクルマの不具合修理、販売後のサービス、金融サービスなどの提供を始め、これが先行する CarDekho や Car24 との差別化に寄与した。

インドにおける中古車販売の分野では、Cars24 が今月シリーズ F ラウンドで2億5,860万米ドルを調達しユニコーンとなった。シリーズ D ラウンドで豊田通商(東証:8015)やデジタルガレージ(東証:4819)などから、シリーズ E ラウンドで平尾丈氏(じげん代表取締役)がリードインベスターを務めた Droom は今年7月、プレ IPO で2億米ドルを調達し、インドで17番目のユニコーンになったばかりだ。

via Entrackr

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録