スタートアップ向けクレカ発行のBrex、3億米ドルを調達しデカコーンに

SHARE:
Image credit: Brex

<ピックアップ> Brex just signed a term sheet for $300M at a $12.3B valuation

匿名の情報源が TechCrunch に確認したところによると、フィンテックスタートアップの Brex は、Greenoaks がリードインベスターを務め、既存投資家が参加した3億ドルの資金調達ラウンドのタームシートに署名したという。情報筋によると、サンフランシスコを拠点とする同社は、今年の売上高が前年の2倍になると予想されていることから、そのビジネスの勢いに投資家が感銘を受け、123億米ドルの時価総額評価を獲得した。時価総額100億米ドルを超えたスタートアップの呼称であるデカコーンとなったことを意味する。

このスタートアップに投資していた投資家は、Kleiner Perkins Growth、YC Continuity Fund、Ribbit Capital、IVP、DST Globalのほか、Peter ThielやMax Levchin などだ。今年4月に Tiger Global がリードインベスターを務めたシリーズ D ラウンドで4億2,500万米ドルを調達した際には、同社の得た時価総額評価は74億米ドルだった。この半年で、時価総額が約70%向上したことになる。今回ラウンドを受けての累積調達額は10億米ドル。

Brex は、共に20代の Pedro Franceschi 氏と Henrique Dubugras 氏により、2017年に設立された。同社は今年初め、ユタ州ドレイパーに設置する産業銀行「BREX Bank」の設立に向けて、連邦預金保険公社(FDIC)とユタ州金融機関局(UDFI)に銀行免許を申請した。この申請は後に撤回され、変更後に再提出された。8月には、コマースプラットフォーム向けユニバーサル API を開発する Weav を5,000万米ドルで買収していた。

これより前、Brex の最大の競合と見られる Ramp は今年3月、シリーズ C ラウンドで3億米ドルを調達した際、39億米ドルの時価総額が確認された。この際には、ソフトウェアの年間契約などの高額商品の購入時に、平均27.3%のコスト削減を実現する「Negotiation-as-a-Service」プラットフォームを提供する Buyer を買収したことが明らかになっている。また、法人旅行の予約と管理を支援する TripActions は、今年初めの1億5,500万ドルを受け、50億米ドルの時価総額をつけている。

<関連記事>

via TechCrunch

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録