NFTコレクターズアートで大化けーー「Concept Art House」が2,500万ドル調達(1)

SHARE:
Concept Art House helped Frank Miller with his NFT art.
Image Credit: Concept Art House

Concept Art Houseは、もはやただの小さなアートハウスではなくなった。ビデオゲーム用のアートやノンファンジブル・トークン(NFT)のコレクションを制作するこの会社は、2500万ドルを調達した。

サンフランシスコを拠点とする同社は、アーティスト、ブロックチェーンゲーム会社、ミュージシャン、セレブリティたちが熱狂するNFTブームに参加している。多くの場合、Concept Art Houseはこういった面々がファンやゲーマーにコレクターズアイテムを販売する際に使用するアートを提供している。

例えば、Concept Art HouseはGala Labsと協力して、Frank Miller氏が手がける『Sin City』の30周年を記念したNFTドロップを制作した。その結果、Miller氏による『Sin City』のオリジナル作品が84万ドルで落札されるなど、記録的な売り上げを達成している。(ちなみにConcept Art HouseのCEOであるJames Zhang氏は11月9日・10日に開催されるオンラインイベント「GamesBeat Summit Next」でパネルのモデレーターを務める予定だ)。

Concept Art HouseのCEOであるJames Zhang氏は、GamesBeatのインタビューで、「ファンコミュニティとアートの組み合わせが、NFTの価値を高めている」と語る。同社は現在、NFT、アート、ゲームの交差点にいるという。

Above: James Zhang, CEO of Concept Art House.
Image Credit: Concept Art House

DappRadarによると、NFTの市場は2021年の第3四半期に過去最高を更新し、今年の最初の9カ月間で132億ドルの売上を記録した。NFTはアート、スポーツのコレクターズアイテム、音楽など、他の用途でも爆発的に普及しているNBA Top Shot(コレクター向けバスケットボールカードをデジタル化したもの)はまさにその一例になる。

Dapper Labsから発売されたNBA Top Shotは、わずか1年で7億8000万ドルの売り上げを突破した。また、BeepleというアーティストによるNFTのデジタルコラージュ作品はクリスティーズにおいて6,930万ドルで落札された。投資家はNFTに資金を投入しており、その中にはゲームファンも含まれている。NFTの週次収益は、5月にピークを迎えた後、一旦暴落したが、8月、9月は再び上昇し、下落した後、安定している

多くの投資家たちが集結

Above: Concept Art House’s investors.
Image Credit: Concept Art House

Concept Art Houseは、既存および新規の投資家から資金を調達した。ベンチャーキャピタルファンド、NFTプラットフォーム、デジタルエンタテインメント企業のCEOを含む個人投資家など次のような面々がラウンドに参加している。以下にご紹介しよう。

Dapper Labs、Animoca Brands、Anthos、Appworks、Blockchain Coinvestors、Fabric VC、Hashkey、Liberty City Ventures、One Football、PKO investments、Polymorphic Capital、Protocol Labs、Redbeard Ventures、Spartan Group、Jeff ‘Jiho’ Zirlin氏(Axie-Infinity)、Gabby Dizon氏(Yield Guild Games)、Vinny Lingham氏(Civic)、Kevin Lin氏 (Twitch)、そしてSteve Aoki氏がアドバイザーを務めている。

このような投資家たちの顔ぶれは、Concept Art Houseの多様なサービスに対する需要と、Crypto Art House部門がNFT領域で急成長していることを物語っている。

Dapper Labsの共同設立者であるMik Naayem氏は、Concept Art Houseの取締役会に参加する。Zhang氏の取締役会には、会長のMatthew Le Merle氏とJenny Chen氏も参加しており、Concept Art HouseはNFTに関する知識を持つメンバーを取締役会に追加指名する予定だ。Dapper LabsのCEOであるRoham Gharegozlou氏は次のように語る。

「JamesとCAHの優秀なチームとの関係を拡大できること、また、今回のラウンドをリードし、我々にとって初めてとなる取締役会に参加できることにも興奮しています。Concept Art Houseは、デジタルコンテンツやNFTの分野でクリエイティブな力を発揮し続けるだろうという強気の予測に支えられたものです。このことは、UFCのデジタル・コレクタブル・エクスペリエンスをはじめとする多くのエキサイティングなプロジェクトでの協力関係からもよくわかります」。

(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録