a16zも支援「Meta4 Capital」はNFTに1億ドル(約110億円)を投資する(1)

SHARE:
Meta4 Capital is investing in NFT art.
Image Credit: Meta4 Capital

Meta4 Capitalは価値のあるノンファンジブル・トークン(NFT)に最大1億ドルを投資する新しいファンドを設立した。マイノリティー(少数株主)出資ファンドとして、シリコンバレーで最大かつ影響力のあるベンチャーキャピタルのひとつであるAndreessen Horowitzの支援を受けている。Meta4 Capitalは暗号通貨に特化した投資管理会社「Fund Management」が設立したものだ。

マイアミを拠点とするMeta4 Capitalのマネージングパートナーは、Brandon Buchanan氏とNabyl Charania氏だ。このファンドは、1億ドルの残り資金を集めているところだが、そのうちどれくらいをAndreessen Horowitzが出資するのかは明らかにしていない。同社は対象ファンドの約4分の1に対して何らかの形でコミットメントを獲得しており、今後数カ月でのクローズを予定しているという。

このファンドは、NFTが 暗号通貨アセットクラスの中で最も興味深く、楽しく、収益性の高いサブセクションになっていると述べている。NFTはブロックチェーンの透明で安全なデジタル台帳を使用して、ユニークなデジタルアイテムを認証する。

DappRadarによると、NFTの市場は2021年第3四半期に最高値を更新し、今年の最初の9カ月間で132億ドルの売り上げを記録した。NFTはアート、スポーツのコレクターズアイテム、音楽など、他の用途でも爆発的に普及しているNBA Top Shot(コレクター向けバスケットボールカードをデジタル化したもの)はその一例だ。

Above: This is NFT art.
Image Credit: Meta4

Dapper Labsから発売されたNBA Top Shotは、わずか1年で7億8000万ドルの売り上げを突破した。また、BeepleというアーティストによるNFTのデジタルコラージュ作品は、クリスティーズで6,930万ドルで落札された。投資家はNFTに資金を投入しており、その中にはゲームファンも含まれている。NFTの週次収益は、5月にピークを迎えた後、一度暴落しているが、8月、9月には再び上昇し、下落した後、安定している。確かに「ブームが去ったらすぐに暴落する」との批判もあるが、NFTの売上高の1年前からの増加率は非常に大きいものがある。(次につづく)

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録