銀行がデジタル通貨の研究者採用へ、ロシアがデジタルルーブル計画など——中国ブロックチェーン界週間振り返り(11月3日〜11月9日)

SHARE:
200人民元をチャージしたデジタル人民元アプリ
Image credit: TechNode/Jiayi Shi

中国の大手国営銀行が、デジタル通貨、量子アルゴリズム、仮想通貨などを研究するポスドクを20人募集している。ロシアは、来年初頭にデジタルルーブルをテストするためのプラットフォームを立ち上げる予定。中国人民銀行は、17種類の外貨をデジタル人民元に変換する機械を展示している。政府が家庭教師を取り締まったのを受けて、ある教育会社が中国国外でのビットコインマイニングで収益を上げることを計画している。

デジタル通貨

  • 中国工商銀行(ICBC)のポスドク研究ステーションでは、20名のポスドクを募集している。研究者は、デジタル通貨、量子アルゴリズム、仮想通貨など、用意された39のテーマから1つまたは2つの研究分野を選ぶことができる。ICBC は2002年にこのステーションを設立し、これまでに101名のポスドクを輩出している。移動支付網
  • ロシアは来年、デジタルルーブルをテストするためのプラットフォームを立ち上げる予定だ。ロシア中央銀行の総裁 Elvira Nabiullina 氏は、プラットフォームのプロトタイプが2022年初頭には完成すると述べた。ロシアは、デジタルルーブルを設立するために、民法、税法、予算法、刑法、行政法など13の法律を改正する予定。ロシア下院の金融市場委員会委員長 Anatoly Aksakov氏は、法律でデジタル通貨、ステーブルコイン、デジタルルーブルを区別する必要があると述べている。2020年後半から、中国は独自のデジタル通貨であるデジタル人民元をテストしてリリースした最初の主要経済国となった。Yahoo
  • 中国人民銀行は、上海で開催された中国国際輸入博覧会で、外貨をデジタル人民元に変換する外国為替マシンを発表した。この機械は、外国人のパスポートがあれば銀行口座や登録は必要なく、17種類の通貨に対応している。Coindesk

英語教育からビットコインマイニングへ

  • 中国の英語教育企業である Meten EdtechX(美聯国際教育)は、ビットコインのマイニング分野に参入を進めている。これは、中国が家庭教師ビジネスを取り締まる中で、教育企業がピボットするもう一つの例だ。NASDAQ に上場している同社は、9月に仮想通貨マイニングに参入する計画があると発表し、新たな株式発行ラウンドで約6,000万米ドルを調達した。同社は、中国国外に独自のマイニングファームを設立する予定だ。7月、中国は民間教育サービスの徹底的な取り締まりを開始し、その結果、多くの主要企業の株価が急落し、多くの企業が他の産業に軸足を移す計画を発表した。The Block

【via TechNode】 @technodechina

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録