スポーツクラブトークン発行「FiNANCiE」IEO上場に向け前進、コインチェックから来年夏に「フィナンシェトークン」発行へ

SHARE:

ニュースサマリ:スポーツチームのクラブトークン発行など、ブロックチェーン技術を活用した事業を展開するフィナンシェは11月29日、暗号資産取引所を運営するコインチェックを通じてIEO(Initial Exchange Offering)による資金調達に向けた契約を締結したことを発表した。

両社は2022年夏までにコインチェックが提供するIEOスキームである「Coincheck IEO」を通じてトークンの一般販売を目指すとしている。コインチェックが手がけるIEOとしては2021年7月にHashpaletteが発行した「Palette Token(PLT)」以降、2例目になる予定。

今回発行予定のフィナンシェトークンは、イーサリアムブロックチェーン上で発行され、FiNANCiEユーザーへのインセンティブ付与やエコシステム全体におけるガバナンス参加を促すもの。「FiNANCiE」で発行されているコミュニティトークンをより効果的に繋げ、長期的なトークン価値を向上させるためのプラットフォームトークンとしての活用が見込まれる。

なお、フィナンシェトークンのIEOに関する発行体や総発行枚数、販売総数、価格や抽選方法などの概要については明らかにされていない。

フィナンシェが運営するトークン型クラウドファンディング「FiNANCiE」は、J1所属のサッカークラブ湘南ベルマーレやアビスパ福岡などのプロサッカークラブを中心に100名以上の個人や団体のトークンを発行、販売している。今回IEOによって発行される計画のフィナンシェトークンは、彼らのプラットフォームを横断的に活用できるものになるとしている。また、今回のIEOで調達した資金は「FiNANCiE」およびNFT事業の拡大に使われる予定。

話題のポイント:フィナンシェについては、これまでも本誌でお伝えしてきた通り、個人や団体が必要な審査を経た上でトークンを発行し、ファンとつながるプラットフォームを展開してきました。ここ最近はインフルエンサーのような個人というよりは、スポーツチームのコミュニティ支援を中心に事業展開しており、サッカー選手の本田圭佑選手や長友佑都選手らが出資するなど、スポーツ界隈での知名度も上がってきているようです。

参考記事

そんなフィナンシェが以前から噂にはあったのですが、いよいよプラットフォームとしてのトークンを発行するようです。IEOは企業やプロジェクトがトークンを発行して個人投資家やファン向けに販売できる仕組みですが、かつてのICO(Initial Coin Offering)と異なるのは「取引所が間に入る」という点です。一般的な株式売買に証券取引所が間に入るのとよく似ています。ICOでは残念ながら詐欺が横行したため、一気に下火になった経緯があります。

コインチェックのIEOは今年7月に実施されたHashpaletteの「Palette Token(PLT)」があります。パレットトークンの内容については割愛しますが、申込開始6分で目標としていた9.3億円の調達額を達成し、取り扱い初日の実績として申込金額224億円を記録するなど、大きく注目を集めていました。

IEOしたパレットトークンの価格推移

ICOとやはり違うのは価格の推移です。IEOでの販売価格は4.05円で、初日の価格は約46円。その後も一度ハイプはあるものの、現在は50円前後を推移するなど、この調達手法において一定の安定を示すことに成功しています。

フィナンシェに2021年から代表取締役として経営の舵取りを担うことになった國光宏尚さんは、今回のIEOに向けてグローバルで通用するサービスにしたいと本誌取材に対して意気込みを語ってくれました。

「今回のプロジェクト発表は、フィナンシェにおける「10億人の挑戦を応援するクリエイターエコノミーの実現」に向けた大きな第一歩です。日本においてブロックチェーン技術をより浸透させ世界で勝負していくためには、自らのプラットフォームトークンを発行し、このトークンを通じて新しいコミュニティを形成して、それを足がかりにFiNANCiEをグローバルにも通用するサービスとして展開していきたいと考えております。その大きな目標の実現のためには、国内最大級の暗号資産交換業を運営しているコインチェック社と連携させていただくことがベストだと考え、今回の発表に至りました。ここから来夏のIEO実現に向けた取組をコインチェック社と進めていきますので、引き続き応援をお願いします!」(國光氏)。

FiNANCiE自体は前述の通り、スポーツクラブのトークン発行という形で社会実装が進んだケースです。このコミュニティトークンを束ねるような形でのプラットフォームトークンがどのように発行され、どう機能するのか、また詳細が見えてきたらお伝えしたいと思います。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録