フィンテックのFinatext HD、東証マザーズに上場へ

SHARE:

フィンテックスタートアップの Finatext ホールディングスは16日、東京証券取引所に提出した上場申請が承認されたと発表した。同社は12月22日、東証マザーズ市場に上場する予定で、大和証券が主幹事を務める。証券コードは4419。280万株を公募し、1,267万5,700株を売り出す。なお、オーバーアロットメントは232万1,200株。

想定発行価格は1,290円で、時価総額はおよそ628.9億円になる。価格の仮条件は12月3日に決定し、ブックビルディング期間は12月6日から12月10日を通して実施される。最終的な公開価格決定日は12月13日。有価証券報告書によると、同社の2021年3月期における売上高は27億5,137万円で、経常損失は7億5,761万円、当期純損失は10億1,256万円。

Finatext CEO の林良太氏は、東京大学経済学部卒業後、英ブリストル大学の Computer Science を経て、日本人初の現地新卒でドイツ銀行ロンドンに2009年入社。その後2013年より国内最大規模級のヘッジファンド大手 GCI に参画し。東京を拠点に GCI のグローバルビジネスを急拡大させた後、GCI のバックアップを受けて、2013年 Finatext を創業した。株式や FX の教育アプリ、モバイルアプリを使った FX投信サービス保険事業者向けのクラウドなど、各種のフィンテック関連サービスを提供している。

株式の保有比率は、林氏(38.12%)を筆頭に、au フィナンシャルホールディングス(12.78%)、ジャフコ(2つのファンドを通じ、合計12.47%)、東京大学エッジキャピタルパートナーズ(11.56%)、取締役 CFO/COO の伊藤祐一郎氏(3.59%)などが続いている。

<Finatext のこれまでの軌跡>

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録