拡張現実(Extended reality・XR)デバイスの重要技術ーーSamsungがDigiLensに出資、評価額は5億ドル(2)

SHARE:
Above: DigiLens’ Design v1 is a modular prototype.
Image Credit: DigiLens

(前回からのつづき)この資金調達ラウンドには、他の戦略的投資家が参加できるよう、2021年末近くに2回目のクローズが予定されている。Pickett氏は今回の調達に際して次のようにコメントしている。

「本日の発表によりDigiLensはスマートグラスの拡張現実(AR)および拡張現実(XR)デバイスを大規模に展開するために不可欠なコア光学技術の開発競争において、フロントランナーとしての地位を確立することが可能になりました。導波路型ディスプレイの光学系は、頭部装着型のハードウェアを開発する上で最も難しく、かつ重要なステップです。

私たちはこのカテゴリー創出プロセスの次の重要なステップにおいて、Samsungと協力できることを歓迎いたします。Samsungの革新的なカルチャーと世界規模でモバイルデバイスを製造してきた確かな実績は、この領域全体の価値を高めることになるでしょう。スマートグラスを市場に投入するには、消費者向けデバイスに必要なスケジュール、数量、コスト構造を実現するために、エコシステムとしてのアプローチが必要になります。今回の資金調達により、企業や消費者向けのスマートグラスを現実的な価格で市場に投入するために必要な要素が揃いました」。

拡張現実(Extended reality・XR)デバイスは、次のモバイルデバイスとなる可能性を秘めており、コンピューティングにおける一世代に一度の戦略的転換点であると同社は述べている。XRは産業、医療、教育、娯楽などの幅広い分野で深い応用と可能性を秘めている。XRはラップトップ、タブレット、スマートフォンに次ぐ、コンピューティングの進化形だ。拡張現実とはVR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)デバイスを含む包括的な用語になる。VRはユーザーを物理的な世界から仮想的な世界へと移動させる没入型の体験をもたらす。

ARは物理的な世界にデジタルを重ね合わせて、より「ハンズフリー」な体験を提供するもので、MRはその両方の要素を含んでいる。DigiLensはARスマートグラス用の導波路型ディスプレイにおいて薄型、軽量、高性能、低コスト、製造性のバランスが取れた技術を提供しており、スマートグラス体験のための光学的なデファクトスタンダードの一つとなっている。

DigiLensが独自に開発したフォトポリマーとホログラフィックコンタクトコピーの製造プロセスは、市場に出回っている他の導波路ソリューションよりもコスト効率が高く拡張性があるため、小型、軽量、薄型、高輝度、高効率のレンズを実現する。Samsungのエグゼクティブ・バイス・プレジデントであるHark Sang Kim氏は次のようなコメントを出している。

「Samsungでは世界中のお客さまに比類のない価値を提供し、お客さまが期待する以上の体験を可能にする技術を開発・革新しています。私たちは差別化された競争力のあるARデバイスを準備するために、DigiLensに投資し協力できることを非常に嬉しく思います。DigiLensの取締役会に参加できることを嬉しく思い、両社の緊密な関係を強化することを約束します」。

BRIDGE Members

BRIDGEが運営するメンバー向けイベント「Tokyo Meetup」では新サービスの紹介やノウハウ共有などを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。メンバー登録は無料です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録