今年の米IPOした企業の時価総額合計が1兆米ドルを突破、新興EVメーカーRivianの大型IPOが貢献

SHARE:
イリノイ州にある Rivian の組み立てライン。
Image credit: Wikimedia Commons

<ピックアップ> US public listings surpass $1T in 2021

Pitchbook のデータによると、2021年のアメリカでの IPO はこれまでに981件に達し、公開企業の時価総額合計が1兆米ドルを超えた。この記録達成の最後の追い風となったのは、EV メーカー Rivian の超大型 IPO で、これだけでイグジットバリューベースで時価総額560億米ドルが最終的に追加された。Rivian の IPO 規模は119億米ドルで、これまでのところ今年最大規模。

Rivian の上場時の時価総額は、Coinbase の上場時の時価総額858億米ドルに及ばなかった。Coinbase の現在の時価総額は710億ドル弱で、Rivian の時価総額は取引初日に株価が29%上昇したことで約1,050億米ドルだ。また、最近上場したスタートアップで時価総額上位には、450億米ドルの Roblox、300億米ドルの Robinhood、277億米ドルの UiPath などがいる。

今年のエグジット総額(1,669億米ドル)の17%近くが、SPAC(特別目的買収会社)と合併した企業によるものだ。VC の支援を受けたスタートアップの総額6,180億米ドルで、エグジット総額の半分以上を占めた。アップルとマイクロソフトは現在、それぞれ時価総額が2兆米ドル以上で、Tesla の時価総額が1.7兆米ドルであることは、投資家が Rivian を評価する際に大きく影響を及ぼした。

via Pitchbook

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録