ベトナム版Amazon「Tiki」、シリーズEで2億5,800万米ドルの調達を確認

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


ベトナムを拠点とする e コマース大手 Tiki は、保険大手 AIA がリードしたシリーズ E ラウンドで、2億5,800万米ドルを調達したことを確認した。Tech in Asia は、Tiki の時価総額が今回の資金調達後に10億米ドルに近づき、ベトナムでは珍しいテックスーニコーン(まもなくユニコーンになる会社)の1つになったと報じていた

Image credit: Tiki

今回のラウンドでは、他にもTaiwan Mobile(台湾大哥大)、Mirae Asset-Naver Asia Growth Fund、STIC Investments、Yuanta Fund(元大基金)などが注目の投資家として名を連ねている。

AIA は、約6,000万米ドルを拠出している。7月、AIA ベトナム は Tikiと 10年間のパートナーシップを結び、Tiki の独占的な保険パートナーとなった。12月より、ベトナムの消費者は Tiki のプラットフォーム上で AIA の保険を購入できるようになり、将来的には Tiki 上で保険口座や保険金請求を管理できるようになる。

今回の資金調達には、UBS AG ロンドン支店、Taiwan Mobile、Mirae Asset-Naver Asia Growth Fund などの著名な支援者が参加している。

Taiwan Moble は今年初め、Tiki に2,000万米ドルを出資したことを発表した。この投資は、Tiki と Taiwan Mobile の e コマースプラットフォーム「Momo(ここでいう Momo は、ベトナムの電子ウォレット「MoMo」とは別)」が、ベトナム国外での新たな成長機会を探るのに役立つと期待されていた。

<関連記事>

iPrice Group の最新の四半期データによると、ベトナムでは、Tiki は激しい競争にさらされており、月間ウェブトラフィックとアプリのランクの両方で、東南アジアのプレーヤーである Shopee と Lazada の後塵を拝している。

昨年、Tiki はベトナムのeコマースプラットフォーム「Sendo」との合併を検討していると報じられたが、このディールは失敗に終わった

Tiki は、Amazon からヒントを得て、2010年にベトナム人起業家 Son Tran 氏によって設立され、当初は書籍のみを販売していた。その後、他のカテゴリにも進出し、現在はサードパーティの販売者向けにマーケットプレイスを提供している。

Tran 氏はプレスリリースの中で、Tiki の最終的な目標は、IPO やユニコーンの地位を獲得することではないと述べている。

我々は、ベトナムの人々が必要とするあらゆる製品やサービスを見つけることができる場所になりたいと思っている。

しかし、Bloomberg は、同社が早ければ来年にも、特別目的買収会社(SPAC)を通じたアメリカでの上場を視野に入れていると報じている

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録