クロスチェーン取引最適化の台湾XY Finance、今週末のIDOで2,000万〜5,000万米ドル調達へ

SHARE:

Tech in Asia では、有料購読サービスを提供。有料記事の閲読、全記事への回数無制限閲読、5万社を超える企業データベースへの無制限アクセス、カンファレンスへの限定割引などの特典があります。詳しくはこちらから


台湾を拠点とする仮想通貨スタートアップ XY Finance は、初となる IDO(Initial DEX Offering、分散型取引所が間に入って行う資金調達)で2,000万米ドルから5,000万米ドルの資金調達を目指していると、Tech in Asia に語った。この IDO は、10日にトークンオークションのプラットフォーム「Copper Launch」で開始された。

IDO は、個人投資家からの資金調達を目的とした、分散型取引所(DEX)でコインを初公開するプロジェクトだ。

Image credit: XY Finance

今回の XY トークンの発表の前、XY Finance は1,200万米ドルの資金調達ラウンドをクローズした。このラウンドは、Circle Internet Financial, LLC、Animoca Brands、Yield Guild Games(YGG  Ventures)らがリードし、40社以上の投資会社が参加した。

XY Finance は、投資家がトークンや NFT(非代替トークン)を含むクロスチェーンの暗号資産を、コスト効率の良い方法で送金することを可能にする。同社は、起業家であり、デジタル資産管理プラットフォーム「Steaker」の創業者 Wilson Huang(黄偉軒)氏が2021年に立ち上げたスタートアップだ。

Wilson Huang(黄偉軒)氏
Photo credit: XY Finance

YGG やAnimoca Brands とのコラボレーションを通じて、XY Finance はさまざまな GameFi 体験をエコシステムに導入し、来年初頭までに GameFi プラットフォームを立ち上げる予定だ。

Huang 氏は次のように述べている。

クロスチェーン取引、GameFi、NFT など、我々が行っていることは、先進的な分散型金融(DeFi)ユーザにとって必要不可欠なものとなるだろう。そのため、2022年には1兆米ドル以上の取引成長を視野に入れている。

先に実施した1,200万米ドルのラウンドに参加したその他の著名な投資家は以下の通りだ。

  • Infinity Ventures Crypto
  • Mechanism Capital
  • TRON Foundation
  • Morningstar Ventures
  • Block Capital

【via Tech in Asia】 @Techinasia

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録