カラクリ:カスタマサポート特化AIチャットボット開発・DX支援【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

カラクリ

Image credit: Karakuri

<事業内容>

カラクリは、カスタマーサポート(CS)向けに SaaS 型 AI チャットボット「KARAKURI chatbot」を提供。EC 利用客の問い合わせに対して自動回答するのはもちろん、AI で「物言わぬ客(サイレントカスタマー)」の困りごとも予測。まるで店舗スタッフのようなきめ細やかな「おもてなし」をチャットボットが実現し、EC の売上貢献に寄与します。

今やインターネット社会のインフラと言える「カスタマーサポート」。しかしコストセンターと言われがちで、非正規雇用比率の高さ・デジタル化の遅れが課題となっています。カラクリは「カスタマーサポートを Empowerment する」をパーパスに掲げ、同部門のデジタルシフトおよび経営貢献の可視化を目指します。

<推薦者>  神前達哉さん(ALL STAR SAAS FUND)

<推薦者コメント>

1.5兆円市場のコールセンターには、100万人が就労している。コスト部門と呼ばれる全てのコールセンター人材を、「利益要員」にチェンジするのが KARAKURI の役割。提供するチャットボットは単なる自動化にとどまらず、負荷軽減やスキルアップなど EX 向上まで実現する。

東大大学院人工知能研究チームを中心とした高い技術開発力をベースに、業界変革を起こしている。さらに既存顧客のアップセルやエクスパンションから成る売上拡大率が非常に高く、会社としてカスタマーサクセスを体現している。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録