ロジレス:受注管理と倉庫管理のシステム統合でEC物流を効率化【BRIDGE Tokyoノミネート企業紹介】

本稿はBRIDGE Tokyoの企画をご紹介いたします。年明け1月19日から開催するオンラインイベントにて「NEXTスタートアップが実現するデジタル民主化」をテーマに、トップランナーの起業家をお招きしたセッションを配信いたします。現在、数量限定の無料視聴チケットを配布していますので、お早めにチェックしてみてください。

1月19日から開催を予定している「BRIDGE Tokyo 2022」に先立ち、BRIDGE では次世代のスタートアップを讃えるリスト「INTRO Showcase」のノミネート企業106社を発表させていただきました。

これら106社は、BRIDGE Tokyo 2022 に協力いただいているベンチャーキャピタル(VC)、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)から、次世代の企業成長を支援する「若手キャピタリスト」に選考委員としてご参加いただき、彼らの視点で候補をリストアップいただいたものです。

掲載する106社は選出された候補からノミネートを受諾いただいた各社となります。なお、ノミネートの基準は2015年以降の創業で、概ね5年以内に上場を視野に入れられる可能性のある急成長企業としています。

BRIDGE では BRIDGE Tokyo 2022 の最終日である1月28日に発表される最終選考に向けて、106社の顔ぶれを紹介していきます(順不同)。最終選考で注目を集めた企業については、インタビュー記事の掲載も予定しています。

ロジレス

 

Image credit: Logiless

<事業内容>

2020年度の EC 市場規模は12兆円。急成長を続けるこの市場で大きな課題になるのが「物流」です。ロジレスはECオペレーションの効率化に欠かせない、OMS(受注管理システム)とWMS(倉庫管理システム)一体型のEC自動出荷システム「LOGILESS」を開発しています。

EC 事業者が利用する OMS と倉庫事業者が利用する WMS という利用目的の異なる2つシステムの機能を有しつつ、双方をシームレスに繋ぎこみ、EC 物流のプロセス全体の生産性向上を実現しています。また複雑な出荷指示を自動化する独自の RPA 機能を実装しており、導入企業の平均自動出荷率は90%超え。2021年9月時点で約500社のEC事業者様、約60社の倉庫事業者様が導入中です。

システムを通じてEC物流のベストプラクティスをご提供することで圧倒的な生産性向上を実現し、企業が物流面の不安なくECビジネスを拡大していけるよう支援しています。

<推薦者>  神前達哉さん(ALL STAR SAAS FUND)

<推薦者コメント>

EC 事業者と倉庫事業者はEC物流の生産性向上のため、OMS(受注管理システム)とWMS(倉庫管理システム)という別のシステムを繋ぎ合わせて運用しているケースが多いが、非効率も多い。ロジレスは「OMS・WMS 一体型の EC 自動出荷システム」を提供。

毎日発生する受注~出荷までの手作業が不要となるほか独自のRPA機能により90%を超える自動出荷率を実現。すでに需給が逼迫し物流オペレーションの抜本的な見直しが求められる中、ロジレスはすでにEC事業者・倉庫事業者ともに不可欠なインフラとなっている。

<関連記事>

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録