各国に合わせた「持続的な」ローカライズ支援をするLokalise、5000万ドル調達

SHARE:
Lokalise: Concept illustration
Image Credit: Lokalise

企業が自社のソフトウェアを各ターゲット市場に完全に適合させることを支援する、いわゆる「継続的ローカリゼーション」プラットフォームであるLokaliseが、シリーズBラウンドで5000万ドルを資金調達した。

新しい国で製品やサービスを展開しようとする企業は、おそらくローカライゼーションを導入する必要がある。これは、ウェブサイトやアプリのテキストの翻訳にとどまらず、例えば右から左へ読む言語に合わせてデザインやレイアウトを変更したり、正しい現地通貨が使用されるようにしたりと、あらゆることが含まれる

従来、翻訳やローカライズは「後工程」であり、単発のプロジェクトとして扱われることが多かった。しかし、常に進化し、アップデートされるソフトウェアでは、別のアプローチが必要だ。

アジャイル・ローカリゼーション

継続的なローカリゼーションは、アジャイルソフトウェア開発の原則と密接に関係している。つまり、定期的なリリースと複数のチームによる密接なコラボレーションを伴う、常に動き続けるプロセスなのだ。そのため、企業がソフトウェアの新製品や新機能を出荷する際には、各市場に合わせたローカライズも同時に行われる。

2017年に設立されたLokaliseは、ユーザーが単一のプラットフォームからすべてのプロジェクトの翻訳とタスクを管理できるコラボレーティブ翻訳など、「継続的なローカライズ」をしっかりと念頭に置いて無数の機能を詰め込んでいる。統合チャット、コメントツール、通知、コンピュータ支援翻訳(CAT)機能、自動化など。例えば、個々のタスクを相互接続されたチェーンにつなぎ合わせ、あるタスクが完了すると、チェーン内の次のタスクが自動的に開始される機能が組み込まれていたりする。

その他、LokaliseはAPIを提供し、翻訳者、マネージャー、マーケッター、開発者、デザイナー、セキュリティ担当者をサポートするために、すぐに使える統合機能を多数用意している。デザイナーは Lokalise のプラグインの 1 つを使用してデザインをプレビューし、ドイツ語の翻訳が大きすぎて特定のボタンに収まらない場合など、ローカリゼーションエラーが発生する可能性がある場合は事前に対応することができる。

Lokaliseの共同創業者でCEOのNick Ustinov氏は、本誌VentureBeatの取材に対し「当社はローカリゼーションプロセスに単一かつ真のソースを提供し、技術チームの効率を高めて予定通りのローンチを実現しています」とコメントしている。

Lokaliseは創業4年で約600万ドルの資金を調達し、Mastercard、Starbucks、Hyundaiなど、印象的な顧客を集めている。しかし、Lokaliseが解決しようとしている問題は、B2CスタートアップからB2B企業まで、あらゆる業界のあらゆる規模の企業に影響を与えるものだ。同社の共同創業者で、兼最高収益責任者のPetr Antropov氏は次のようにコメントしている。

「当社の顧客には、モバイルまたはウェブアプリで何らかのデジタルプレゼンスを持っており、成長の原動力として地域、国内、または国際展開の追加機会を見ているという2つの共通点があります。そして、我々の顧客はCI/CDパイプラインを使用しており、加速されたペースでアップデートをリリースしています。ここにLokaliseを使用することで、ローカリゼーションプロセスにチームの多くを参加させることができ、複雑さやローンチまでの時間を増やすことなく、品質を向上させることができるのです」。

LokaliseのシリーズB投資はCRVが主導し、Creandum、Dawn Capital、Chalfen Ventures、3VC、S16VC、および少数のエンジェル投資家が参加したものである。さらに5,000万ドルの資金を得た同社は、雇用、製品開発、サードパーティとの提携をさらに強化する計画であると報告されている。

「この新たな資金調達により、より多くの企業が自社製品の多言語化の必要性を理解し、行動できるよう支援することが可能になります」と、Antropov氏は付け加えている。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録