音声解析AI電話「MiiTel」、東京都の保健所の新型コロナ対応電話業務に導入

本稿はKDDIが運営するサイト「MUGENLABO Magazine」掲載された記事からの転載

RevComm は、同社の音声解析 AI 電話「MiiTel(ミーテル)」が東京都福祉保健局に採用され、新型コロナウイルス感染症の陽性患者に対して行う電話業務に活用されると発表した。患者との通話内容を AI で音声解析し、テキスト化・要約を行う MiiTel の提供により、2021年11月下旬から東京都内の一部の保健所で電話業務の効率化、迅速な患者の療養を支援する。

MiiTel は、電話業務における会話の内容を自動録音・文字起こしにより可視化、AIにより解析し、高精度のフィードバックを行うことで業務の効率化を実現する音声解析 AI 電話サービスです。インターネット電話のため、固定電話は必要なく、工事・メンテナンスも不要で、即時導入可能な点も特徴。

MUGENLABO Magazine の取材に対し、東京都は次のように回答を寄せた。

これまでも各保健所でデジタル化の取組を進めてきたが、第5波のように感染者が多い時に向け、都保健所の新型コロナウイルス感染症対応業務についてデジタル化を図り、業務の効率化を進めているところ。

感染拡大時においても疫学調査や健康観察等の業務を円滑に実施できるよう、(MiiTel の導入により)電話を利用する業務について、会話の自動テキスト化・自動要約による業務の効率化や、職員同士の情報共有等を推進したい。(東京都福祉保健局 担当者)

また、RevComm は、次のようにコメントしている。

東京都様の患者様への対応のレベルを上げていきたいという質の追求、及び業務生産性を上げてより多くの患者様へ対応したいという量の追求について、弊社の MiiTel を選定頂きまして誠に光栄です。

個の業務品質の向上並びに、組織全体の底上げに関して多くの知見を蓄えてきており、特に重大な社会的課題に対して取り組むことは身が引き締まる思いです。皆様のご期待に添い、そして超えていけるよう一同全力で取り組んで参りたいと思います。(RevComm 営業統括 角田潤彌氏)

RevComm は2017年7月、三菱商事で複数の海外事業に従事した會田武史氏(現・代表取締役)により創業。2018年に Miitel をローンチし、今年10月には導入社数が累計1,000社を超えたことを明らかにしている。

これまでに、Google for Startups Accelerator に採択、B-Dash Camp 2019 Spring in 札幌、TechCrunch Tokyo 2019 で優勝。Forbes JAPAN「日本の起業家ランキング 2021」、週刊東洋経済「すごいベンチャー100」にも選出された。2020年10月、シリーズA資金調達のセカンドクロージング7憶円で完了した。

BRIDGE Members

BRIDGEでは会員制度「BRIDGE Members」を運営しています。会員向けコミュニティ「BRIDGE Tokyo」ではテックニュースやトレンド情報のまとめ、Discord、イベントなどを通じて、スタートアップと読者のみなさんが繋がる場所を提供いたします。登録は無料です。
  • テックニュース全文購読
  • 月次・テーマまとめ「Canvas」
  • コミュニティDiscord
  • イベント「BRIDGE Tokyo」
無料メンバー登録