CES 2022: Appleシリコンの優位性喪失とラップトップの突然変異

SHARE:
AMD と TSMC(台湾積体電路製造)は、5nm 製造プロセスで「Ryzen 7000」を製造する。
Image Credit: AMD

パンデミック突入から2年後のニュースを報道することの難しさは、我々の生活のあらゆる側面を担っているものが、もう新しいものではないということだ。そのため、CES 2022 には話題になるようなピカピカの新技術が大量に用意されていても、実際のところは、ほとんどの人がこれらの製品を小売価格で手に入れるのは難しい。しかし、この現実の裏側には、AMD、Intel、Nvidia、そしてこの分野の他の企業が、グローバルなサプライチェーンが壊れたからといって、立ち止まるわけにはいかないということがある。彼らが争っているパイは無視できない大きさであり、サプライチェーンに関わる数百万人の手が再び張り巡らされ始めたときにも、その勢いを維持する必要があるのだ。

しかし、パンデミックを無視すれば、CES のストーリーは、世界の大企業が望ましい新技術を提供することにレーザーを当て、成功していることである。AMDIntelNvidia は互いに競争しており、Apple 独自のシリコンというプレッシャーが加わることで、すべての企業のベストが引き出されているのだ。

ここでは、特に印象に残った2つのトレンドを紹介する。

AMD はさらに効率的な製造工程づくりに着手

当然のことながら、Apple はその M1 チップで多くの注目を集めている。パワフルで効率的、そしてソフトウェアからハードウェアに至るまで、あらゆるものがそのプロセッサに連携していることを Apple は保証しているのだ。しかし、しばしば無視されることがあるが、そのパワーと効率の魔法の多くは、Appleが TSMC(台湾積体電路製造)の 5nm 製造プロセスを独占的に保有していることに由来している。

なぜそれが重要なのか? 簡単に言えば、プロセスが小さければ小さいほど、同じ量のエネルギーからより多くのパワーを引き出せるからだ。AMD は、TSMC の 7nm デザインのおかげで、Intel を上回る性能と効率の大きな飛躍を遂げたが、Intel は 14nm に留まっていた。現在、Intel は 10nm で追いつこうとしている(この規模では、TSMC の7nmと基本的に同じものだ——優れているとは言えないまでも)。

AMD はどのように対抗するつもりなのだろうか? AMDは、次期モバイルチップ「Ryzen 6000」で、TSMC の 6nm プロセスまで落とし込んでいる。そして、2022年後半に発売される次世代デスクトップ用チップ「Ryzen 7000」は? それらは Apple と同じ 5nm プロセスを採用する予定だ。

モバイル用 Ryzen 6000 部品にとって、これは非常に長いバッテリ寿命を意味し、AMD はまさにそれを約束している。AMD は、ラップトップに搭載されるチップは、市場にある他のどの製品よりも高速でありながら、24時間持続することができると予想している。そして、デスクトップ用 7000 チップは、より静かで涼しく動作する可能性がありながら、本格的な性能アップグレードを実現するはずだ——ただし、これらすべてを我々自身がテストする必要がある。

このニュースを、最上位で最も高価なパーツを買うつもりがないから利用できないのだと一蹴する前に、AMD が提供するほぼすべてのチップにこの技術の恩恵があることを心に留めておいてほしい。その上、エントリーレベルの手頃な価格のパーツはこれまで以上に性能が良くなっており、それらをトップクラスの GPU と組み合わせれば、信じられないようなゲーム体験ができるのだ。

ラップトップは良くなっている——しかし、次に何をすべきかは誰も知らない

モバイルコンピューティングはすでに好調だったが、AMD と Apple が Intel を追い込んだことで、生産性とゲーム用のノート PC はこれまで以上に充実している。その多くは、再びパワーと効率に帰結する。ほとんどのラップトップは、ほとんどの人が日常的な作業に必要とするのと同じくらいパワフルなので、その分、バッテリ寿命も向上している。つまり、500米ドルのノートパソコンでも、Web、E メール、そして写真やビデオの編集などの生産性ワークロードにおいて、1080p ディスプレイを60フレーム/秒で駆動するために必要な処理馬力を備えているのだ。

このわずかな電力不足は、エンジニアにとってチャンスであると同時に頭痛の種にもなっている。電力に余裕があれば、企業はワット数を抑えて、バッテリからエネルギーを吸い上げるようにすることができる。しかし、多くのラップトップはどちらも高速で、丸一日仕事をした後、夕方まで Netflix をストリーミングしても、充電の休憩を必要としない。

しかし、これ以上のパワーは必要なく、これ以上のバッテリ寿命も必要ないとしたら、どうすればいいのだろう? まあ、私個人としては、さらにバッテリ寿命を延ばしてほしいと思うが、私は責任者ではない。実際に起きているのは、エンジニアやデザイナーがより多くのパワーを必要とするものを製造することだ。ノートパソコンで言えば、薄型・軽量化やディスプレイのスペックアップなどがそれにあたる。

これは、ここ数年、多くのノートパソコン OEM が歩んできた道だ。現在では、非常にスリムなノートパソコンが手に入り、その多くが 1440p、あるいは 4K のディスプレイを搭載している。15インチ以下の画面であれば、ゲームに十分なシャープさを持つ 1080p のノート PC ディスプレイを手に入れることができるが、現在では 144Hz や 360Hz といった高いリフレッシュレートを持つディスプレイが登場している。

今回の CES で明らかになった問題は、ハードウェアメーカーが自由に使えるパワーをすべて使い切る方法をまたもや見失ってしまったということだ。デルは、超薄型ゲーミングノート PC「Alienware x」のラインアップを発表した。これらのデバイスは、厚さが 15mm 以下でありながら、RTX 30シリーズのフルグラフィックカードと最大1440p、360Hz のディスプレイを搭載している。

これを受けて、ノート PC のデザインの次を考えようとする企業も出てきている。例えば、Lenovo は、17インチのウルトラワイド 21×10 ディスプレイを搭載し、さらにキーボードと並んで2つ目の8インチディスプレイをベースに組み込んだ「ThinkBook Plus Gen 3」を発表している。

Lenovo「ThinkBook Plus Gen 3」

17インチの画面は3,072×1,440の解像度ですでに多くのピクセルがあるが、第12世代 Intel Core H シリーズ・プロセッサが汗をかくようなことはならない。このサイズのデバイスで 4K はやりすぎなので、Lenovo は新しい、潜在的に革新的な方法でピクセルを追加しているのだ。

Asus は、17インチの巨大なタブレット「Zenbook 17 Fold Windows」で同じようなことを試みている。

Asus の17インチタブレット「Zenbook 17 Fold Windows」

どちらもモバイルコンピューティングの新しいスタンダードになるとは思わないが、未来の姿に向けた一刺しであることは間違いない。

【via VentureBeat】 @VentureBeat

【原文】

BRIDGE Members

メンバーシップ「BRIDGE Members」に参加するとBRIDGEがお届けするスタートアップ・トレンドをまとめたメンバー向けマガジンコンテンツ「Canvas」を購読いただけます。一度に情報をキャッチアップしたい人や、BRIDGE Tokyoなどのコンテンツをチェックしたい方にお届け中です。
  • BRIDGE Canvasの購読
  • メンバー向けDiscordご招待
  • BRIDGE Tokyoなどイベントご招待
無料メンバー登録